東京システムトレーダーの開発日記

MT4のEA開発者のブログ

EA出品の勧め

自動売買機能付きの便利なソフト
メタトレーター(MT4,5)が登場してから、だいぶ経つよう思う。

登場初期に配布されていたEAと呼ばれる自動売買のためのMT4用追加ソフトウエアの品質は悪いものだった。
※私のEAでも時々不具合が見られるが、様々な環境に適合させるのはとても大変。
※忙しい時(日本にいないとか)は問い合わせのレスポンスも返せなくなる中、対応を迫られる。
バックテストだけを信用してフォワードで運用したら、正体がカーブフィッティングEAで大損したとか。

そのような中、競争というかシステムトレードに関する知識が開発者の中で蓄積されていくうちに、実際のトレードでの運用に耐えられるものが登場してくるようになった。もちろん、機械任せな分、ハイリターンとまではいかない。だから、まだ人間のトレーダーの出る幕の方が多いと思う。

しかし、いつまでも他人のシステムに頼っているようではいけないのではないかと思う。
自分自身も、何かしらのノウハウを蓄積するようにしないと、他人依存でに自分の人生を委ねているようなことになりかねない。
プログラムができる人に限られるのかもしれないが、MT4のプログラミングはC言語系かJAVA系あたりがわかれば、すぐに習得することができる。
初めはダメかもしれないが、書いてテストしているうちに私が何を言いたかったとかわかってくるようになるかもしれない。
良いEAがかけたと思ったら、fx-onに出品してみるのがいいだろう。ここは国内EA販社最大手なので集客やサポートに問題はないだろう。私もずっと、お世話になっているし、これからもお付き合い願いたいと思っている。
※そしていいのがあったら、Beatrice併用でこっそり使う・・・・・。利益を出すためには何でも使うつもりでいないとダメですよ。


スポンサーサイト
[ 2016/09/30 18:44 ] MT4 EA | TB(-) | CM(0)

国内口座と海外口座のレバレッジ差の影響

特にシステムトレード初心者の方だと、というか初めて結構経過している人たちの一部も含めて、イロイロ勉強不足の方が多いようです。

日本は金融庁の指導で、個人口座のレバレッジが小さくなるよう制限されています。
これは、あまりにも勉強不足でデタラメなトレードをした挙句マージンコール → ロスカット・・・・・という方が多すぎたからのような気が致しますが。要は、簡単に儲かると勘違いして始めた「ドヘタクソトレードを行う素人」が多すぎて、挙句社会問題を起こしたから・・・・。でしょうか。さて、素人がプロのトレーダーにマーケットで勝てるわけないですよね?・・・・・。

一方、法人口座に関しては、日本国内でもハイレバレッジが提供されていますが、これは法人口座を開くようなやつはプロだろうからということなのでしょう。

FX業者にしてみれば、ハイレバ大ロットでバンバントレードをしてくれた方が儲かるでしょうし(呑みでなくても)、金融庁の規制以前は国内でもそういう風潮が多かったでしょう。今は、海外法人がハイレバレッジを餌に、日本人に口座を開かせようと思っているかもしれません。
なにせ、彼らにしてみたら、あなたのお金がどうなろうと知ったことではないわけですから。
もちろん、何かの経済事件で顧客の資金が無くなれば、会社をたたまなければならなくなるFX会社もあるでしょうけど。

海外口座というものは玄人なら、バンバン使ったほうが(※オフショな都合をお察しください)良いものの、始めたばかりの人は辞めておいたほうが良いものです。何かあっても、誰も責任を取ってくれません。というか、(表向き)日本国内にいる人には責任がないし法的保護もへったくれもないので訴訟などは事実上できないと思ってください。完全自己責任ですから、正直プロ以外はやめた方が良いですね。


さて、Beatriceは元々は市場で一般販売する予定がなかったプログラム(ソフト販売で利益を上げる前提ではなかった)です。
一部の限られた人間や証券会社だけで運用される前提を念頭に開発された、実験用のソフトウエア(EA)でした。
そのため、手厚い資金保護機能が実装され、トレードをするべきではない条件下ではポジションを開かないよう設計されています。
具体的には、証拠金率がある数値を下回ると、資金不足と判断し、Beatriceは警告を発します。
ある数値というのは、プロの間ではこれくらい欲しいと言われているところに設定してあります。

タイトルに「レバレッジ差の影響」と書いたのは、国内口座では証拠金率を維持するために、海外口座より多くの資金を必要とするからです。
こう書くと、資金効率がとか言う人が出てきそうですが、そもそも十分な資金を準備できない人は、初めから投資をしてはいけないと思います。
私は、日本全国からカネが集まる街である東京の港区に住んでだいぶ経っていますが
今まで見てきて、
「経験上、カネのない人が投資を始めたら身の破滅」
ということがよく分かっています。

世の中には、投資商品がたくさんあります。
不動産もそうですし、ファンドもそうです。
しかし、これらの商品の性能を十分に活かすのには、十分な資金が必要です。
不動産にしても、すぐに多額の資金を用意できる人が、一番条件のいい物件(数千万から数億円)※をかっさらっていきますし、ファンド(普通は500万円以上・最低でも小口で一口100万円以上)にしたって小口未満の投資金額では有利なトレードが出来ずに運用側を困惑させるだけでしょう。
仮に、元が良い商品であったとしても、最低運用金額も用意できないなら、いずれ損失を出してしまう方に私は賭けますね。
いずれも廻しようがないわけですから。
※当たり前ですけど、条件が破格の物件は、たったの数時間でも売れてしまうため。

十分な元金を実力で稼げない人は、投資で金を増やす資格なんてないわけです。
[ 2016/09/20 21:02 ] MT4 EA | TB(-) | CM(0)

トレードにAIが普及している?

AIと言っても、どういうものが人工知能なのかについては、定義が広くなります。
小難しい専門用語を使うなら、
サポートベクターマシンだとか、ニューラルネットワークだとか、遺伝的アルゴリズムだとか。最近ではニューラルネットワークでもディープラーニングが脚光を浴びています。
人間の言葉で書かれた新聞記事などの文章を分析してトレードを行うものもあれば、そうでないテクニカルオンリーのものもあります。

機関投資家やヘッジファンドでも使われているような人工知能のトレードが復旧するのかといえば、EAの開発者的には、それは時代の流れ次第のよう思います。つまり、流行という意味です。

人工知能と言っても、広義の意味での人工知能技術であれば、皆さん普段から良く恩恵に預かっています。
秋葉原や日本橋、大須などに行けば、普通のパソコン用の音声認識ソフトが売られていますが、一番わかりやすい例でしょう。
あれも、一種の人工知能技術によるものです。
自動車のミッション制御にも用いられている場合があります。

技術的な素人の方は、人工知能と言ったら東大とかの研究室で何たらとか、自分の知識のなさ、そういう人工知能などに対する見識のなさを隠すために、そういう文言を並べる方がよくいらっしゃいます。
初歩的な人工知能の概念と理論が登場してから、実は、すでに半世紀が経過しています。
大学生や大学院生の方はよくご存知の方もいますが、ニューラルネットワークだのサポートベクターマシンだのであれば、実験用のソフトが販売されていて、それを普通のパソコン上で使うことができますし、自分のプログラムにそれを組み込んで使うこともできます。

ここで、人工知能と言ったら物凄くCPUパワーを使いそうだとか思っている方がいれば、それも勘違いです。
大規模でより高度なものであれば、それはCPUもたくさん必要ですが、ほとんどの場合は自動車にも使われるほどですので意外とコンパクトなものです。
欲張らなければ大昔のPC9821レベルでも動いてしまうでしょう。
本当にわかっている人なら、こういうことが言えてしまうわけです。
簡単なものであれば、ただの計算式レベルまで小さくできるのですから。

※それでも映画「ターミネータ」シリーズに出てくるようなものが出てこないのは、部品は完成しているのに、それを正しく機能するようなソフトを作れなかったことにあります。高度な人工知能を構築するのに必要な推論システムなどの基礎テクノロジーは今から20年以上前に完成しています。人工脳は作れたけど、今に至るまでそれに魂は宿らなかったといったところですか。

人工知能トレードの一般普及は、そういう観点から言えば、初めから技術的に現実的な線でした。
しかし問題だったのは、AIや擬似AIの類を、きちんと動く実用的な形で実装できる人がいないことでした。
ネット上で見る、その多くの事例が間違った方法で使われています。
トレードの知識が少ない人がやっているのが原因かもしれません。

ただ、これからは、トレードの知識もある科学者が頑張ってくれるようになるかもしれませんね。
[ 2016/05/23 16:02 ] MT4 EA | TB(-) | CM(0)

もし著名開発者にEA制作を依頼すると・・・・参考までに

今回は、EA開発に絡む件での参考までに。
1件あたり、最低でも15万円〜の見積もり書が出てくるでしょう。

FX-ONなどでも、クラウドソーシングでプログラム開発の仕事を出せるようになっています。
しかし、ある程度名前が売れている開発者の方は、初めはそうしようかなと思った方もいらっしゃるかもしれませんが、積極的に注文を取りに行かないのではないでしょうか。

どの業界でも、しっかりした専門家様はプロとして仕事をされています。
プロとして仕事をされている方ほど、ビジネス上の収益性の観点から安い仕事を請け負うということはしません。
ということは逆に言えば、10万円(2桁万円)以上出せば、そういう方が名乗りを上げてくるわけですが・・・・。

例えば、ワタクシの場合もしかりで、絶対人数は少ないですが、最新型は大金を出せる方(2桁から3桁万円)から委託を受けて開発。古いタイプの中では性能の特段良いEAを、期限なしで無料のキャンペーン商品として提供させていただいております。
何しろ無料キャンペーンということですから、儲かるわけではないのですが、これはプロモーションの一環としてですね。

Beatriceは連敗の時期もありましたが、資金管理※ができていれば中期的に見ると横ばい、長期的には右肩上がりということに気がつきませんでしょうか。ニューラルネットワークベースのロジックですが、実は、かなり妨害しにくいEAでもあるのです。多くの人間が恐怖を感じるトレードを平然とするからかもしれません。
※良くない時期に導入してしまった人ごめんなさいm(_ _)m

もし、あなたが本格的な自分専用高性能システムを作りたいと考えている方なら、15万円以上出せば実現するかもしれません。
お金のある方は、そうやって更なるお金が入ってくる手段を有償で入手しますし、そうでない方は、無料の情報に踊らされてお金を失います。無償の情報がいい加減なのも、私がテレビをハードオフに売った理由でもあるのですが・・・・、ワタクシの場合は大正解でした。
宣伝しても自分は全く儲からないのですが、fx-onの有償メルマガとかは、些かまともな部類だと思います。

ただより高いものはないの言葉通り、
悲しいものですが、EA開発者目線では、このこともこの世の現実なのだと思います。
あれはBeatriceの開発を始めた時ですが、
テレビを売る前と後では、無償の情報が自分に与える損害がこれほど大きいものだとは思いませんでした。
[ 2016/04/20 22:46 ] MT4 EA | TB(-) | CM(0)

EAを使ったトレードの最適な運用金額

運用するとき、頭に入れて置かなければいけないこと

◇EA稼働用VPS(月額3000円とする)
◇入出金手数料(業者による・海外(素人はやめたほうがいいです・玄人限定)の場合は送金手数料)
◇EA購入代金(34800円)※
◇口座管理などに費やす、あなたの時給(1000円~上限なし)
※fx-onで口座開設キャンペーン中(34800円 → 0円に)

一般的に50万円以上でトントン
収益をあげようとしたら100万円と言われています。
仮に月利平均5%としましょう。

100万円→月5万円の利益・年間60万円
50万円→月2.5万円の利益・年間30万円

それ以下の場合
◇参考
10万円→月5千円
5万円→月2500円

最近はFX会社提供のVPSもフリーで、EAもキャンペーンで手に入れることができます。
しかし、VPSは月間取引量の条件付きで、取引量が規定より下なら使用料を請求されます。
そうしますと、最低でも50万円はないとFXをやる意味がなくなってしまいます。

またFXトレード自体は、かなりアグレッシブな運用方法です。
ある意味、戦争をやっているようなものなので、当然負けることもあります。
自動戦闘プログラム(完全自律の無人戦闘機みたいな)としてのEAを使ってさえ、戦争なので落とされることもあります。
必ず余裕資金でやりましょう。
キャッシングトレードとかは、正直ありえません。
最後の防衛手段キャッシングをしてしまえば、あなたに経済的何かがあっても、もう助かる方法はないのですから。
サブプライムのアメリカ人のように。


ちなみに、前の記事で新型出そうかなとか書いていましたけど、出してもキャンペーン対象にはなりませんし、出すか出さないかはワタシの気分で決まることでもあります。期待しないでください(;・∀・)
[ 2016/04/10 12:12 ] MT4 EA | TB(-) | CM(0)
 
システムトレードランキング