東京システムトレーダーの開発日記

MT4のEA開発者のブログ

9月度Beatriceシリーズは例年通り

久々にBeatriceシリーズの成績をチェックしてみました。
予想通りの結果でしたね。
例年通り夏枯れ相場が一番苦手、併せて世界経済の変調が響いているようで連敗を重ねています。
これは、初めからある程度想定していたことです。
何の事実根拠をもって、そのことが言えるのか。何の根拠を持っての考えか、というのであれば、そういう傾向があるというだけなのですが。
ですから10月までの不調を想定しています。
Beatrice-07フォワード統計情報
☆2013年9月 -1265pips
☆2014年9月 -167pips
Beatrice-ADX01フォワード統計情報
☆2013年9月 -852pips
☆2014年9月 -1212pips

9月は何もせず気絶しているのが一番です。
思い返せば、9月は毎年ろくでもない大事件が起こっています。
米国9・11事件といい、リーマンショックといい、今年もやはり何か起こってるじゃないですか?
まだ中国は、ニヤ2ndリーマンの状態でしょう。
9月は世界が変わりやすい何かがあるのでしょうね。
どうでもいい話ですが、ワタクシは皆さんがアベノミクスで浮かれている時には、既に対リーマンショック姿勢をとり始めていました。
ギリシャにしても、緊縮財政を実施しようものなら、今よりももっと状況が悪化する状況であることに違いはありませんでしたし。実は、ギリシャ人が一番分かっているのですよね。それやったらどうなるのか。

しかし、こういう相場のほうが逆に得意なEAというのも世の中には存在します。
他社・他作者製EAとの組み合わせで最適なものを探してみるのも良くないでしょうか?
好調不調期が重ならないEAでポートフォリオを組みたいですね♪(/・ω・)/ ♪

ワタクシは、この後Beatriceシリーズを、このまま放ったらかしにしておくつもりです。
そのわけは、
・まず、精神的に悪い。
・鬱になる。
人間というのは、心理学的に、目の前で自分のものが失われていく事に最も恐怖を覚えます。
仮に、その失うことで新たな、より価値の大きなものが手に入るのだとしても。
お金に恵まれる人は、よく自分のもの(ブランド物とか有名人のサインとか)を手放して、人にプレゼントするといいます。

次に、このBeatriceシリーズ。
インヴァスト証券のシストレ24でもストラテジーとして採用していただいております。、
fx-onの早川社長がどう思うか分かりませんが、やはり放ったらかしにするつもりです。
本音を言ってしまえば、シグナル料が貰えるのであれば、それはワタクシの利益ですので、やはりストラテジーの成績悪化はよく思いません。顧客(フォロワー)が損をすれば、それは即ちワタクシの利益にも相反するわけですから。
こういった投資関連の商売。
売ってしまえば、後は知らないタイプの売り切り商品提供者と、客が上げた利益から金を徴収するタイプの商品提供者では姿勢が違ってしまうのでしょうね。

ワタクシは、たまたま後者だった。
ですから、売り切りのEA販売には消極的でした。

ワタクシは、まず完成したアルゴリズムはフォワードで走らせ、実用に足りるものと理論通りに動かず損失を拡大させるものを選別します。ですから、やはり失敗作も有ります。それは、みなさんもfx-onの私のページで確認することが出来ます。
もちろん失敗作と分かったものは、商品として扱うわけには行きません。そのアルゴリズムを利用して永続的に安定した利益を徴収できないからですよ。忙しくEAを販売するより、寝転がって客に儲けさせ、その利益の一部から安定的に金を吸い上げたほうがが楽じゃないですか?
その為には、エジソンのように、たくさんの役に立たない方法を発見していたのですね。
スポンサーサイト
[ 2015/09/17 01:36 ] MT4 EA | TB(-) | CM(0)

チャイナショック?って何?

世間では、チャイナショックという言葉が流行りなのでしょうか。
どうも最近よく耳にします。

ワタクシは、自分の家にテレビも無ければ新聞もとっていません。
ヤフーニュースさえ読みません。
ワタクシにとって、そういう時間はもったいないのです。
この事の欠点は、明日の天気がわからないことでしょうか。

それとなく事の次第を聞いたことに関してワタクシが思ったこと。
ワタクシに言わせればなのですが、上海でもどこでもイイのですが中国の株式チャート(できれば中国全株式市場の比較チャート過去10~20年位)を見てみると、中国発表の成長率・景気がイイ時期でも長期的に全体の株価がまっ平らヨコヨコで伸び悩んでいることがわかると思います。
これを見て、おかしいと思いませんでしょうか。
まるで、バブル崩壊後の日本の日経平均を見ているかのようです。

ところでみなさん、揚げ物って美味しいですよね?
えーっと、コロッケとかメンチカツのことです(*´艸`*)。
パンで素材をくるんでり立てて、油で揚げて、食欲の秋にはおいしく見えて、何処までもまっ平らヨコヨコでカロリーオーバーになりそうです。
つまり、ったものは美味しく見えてしまいます。
実はワタクシ、一年以上前から、こんなことを知人に言って回っていたりもしたのですが、結局は狂信的な自らの信奉者だけが助かってました。
時々なのですが、何かおかしいと違和感を感じていたのです。
つまり、まるでリーマン・ショックが再び襲いかかるような、そういう芽があるような。

それ以上に前から、某有名な経済学者さん(テレビにもしょっちゅう出ているらしい)が、それとなく言っていたらしいですが。私が気がついたのは、私自身が元々異常なインスピレーションの持ち主だからということにしておきましょう。

元々、ワタクシは何の変哲もない科学者ですから。
[ 2015/09/13 10:53 ] 経済事件 | TB(-) | CM(0)

Beatrice-07とBeatrice-ADX01の違い

基本的には、同じテクノロジーを使って開発された2つのEA。
実は、Beatrice-07の方が性能が上であるというのが、開発者であるワタクシの公式見解となります。
このことは、随分前にブログで説明させていただいたかと思います。
ブログ記事【EA】Beatrice-07

要は、相場の急変を感知する性能がBeatrice-07の方が上ということです。
Beatrice-ADX01は、どちらかと言えば実験レベルのシステムで、Beatrice-07の方が完成形に近かったのですね。
ただ、数年単位で長期的に見るのであれば、最終的にBeatrice-ADX01の利益率のほうが高くなります。
Beatrice-ADX01はホームラン娘なのです。
問題は、ドローダウン。
資金管理に余裕が無いと、運用し続けるのは難しいかもしれません。
両方共、元々はプロ業務用途向けで販売予定のなかったシステムです。
販売については、旧式化してきたということも有りますが。


さて、8月9月と成績が良くないとの声が聞こえてきそうですが、この娘達は元々毎年9月の相場が苦手です。
多くのプロHFなどはバカンスの真っ最中。
市場の流動性が下がり、ちょっとした事件でも直ぐに値が跳びます。
付け加えて、8月も実は様子見相場だったのですね。
[ 2015/09/13 10:51 ] EAの選び方 | TB(-) | CM(0)

9月6日 fx-on主催の開発者交流イベント

さて、1週間前の話になります。
ワタクシはfx-onが主催する開発者交流パーティーに参加してきました。
ブログにアップするのが、ずいぶん遅いな~とか思わないでください。
時間が取りにくいのですから。

どうやら、開発者だけではなくて一般の方にも案内メールが届いていたためか、ユーザーの方も参加されていたようです。
何はともあれ、色々な話ができて面白かったのではないでしょうか。
普通の方とは出来ないお話をたくさんすることが出来ましたから。

この場を借りて、このような機会を提供していただいたfx-onの早川社長以下、ゴゴジャン社員様一同にお礼申し上げます。

KIMG0056 2

[ 2015/09/13 10:04 ] 未分類 | TB(-) | CM(0)

普段の生活で気をつけるべきこと

今回は、FXなどの投資とは直接関係のない話題。

8~9月は毎年のようにBeatriceシリーズの成績が良くない時期なので、まさに気絶投資法を実践するべきかもしれません。
10月からは楽しみですが・・・・。
こういう時は、休むも相場ということで普段の生活に目を向けてみましょう。

学校教育では、人を見た目で判断してはいけません!なんて事をもしかしたらミンナ教えられてきたかもしれません。
※学校の先生に真実を教える能力はありません。間違ったことでも平気で事実であるかのように子供に教え込みます。つまり、皆さん嘘もたくさん教えこまれてきているのですね。

そうは言っても人を見た目で判断していますよね?
人の印象は第一印象で決まるとはよく言うものです。
自分の中身が優れていることについて、相手にわかってもらうてっとり早う方法は、皮肉なことに、中身相応に外見も着飾ることなのですね。

①ボロい靴を履いていませんか?
足元を見る、の別の意味はこの事かもしれません。
出来る人は足元まで見て相手を判断するといいます。
都市部であれば(特に東京都内では困らないのですが)ミスターミニッツの靴磨きが一回500円から有ります。
カカトの減りも、時々修理しましょう。

②腕時計がダサい
ださい100円ショップのみたいな時計と、かっこいい高級感あふれるデザインの時計。
どっちをしていたほうが得でしょうか?
人に資料を渡すときなど、意外と目につくポイントです。

③容姿に自信がない
今からメンズエステ(ダン○ィーハウスとか)とジムに通い始めましょう。
顔の肌荒れは、男でもだいぶ目立ちます。

④部屋の物を減らす
部屋に不要品が多い人は、お金に嫌われると言われています。

⑤自分の身の回りの人間の収入が低い
収入の高い人と付き会えるようになりましょう。
というか、収入の低い人達しか集まらないコミュニティーとは決別しましょう。
※私が東京都港区の、しかも某ヒルズが見えるリッチエリアど真ん中に住んでいる理由でしょうね。
そうすれば、いろいろな意味で自分だけは助かりますよ。
経験上、経済力は伝染します。
貧乏さんしかいない貧乏コミュニティーの側にいれば、貧乏になるものの考え方ばかり習得し、貧乏になります。
気をつけましょう。

⑥クレジットカードは最低でもゴールド以上を目指そう。
超分かりやすいステータスシンボルです。
作れる人にとっては簡単に作れ、つくれない人はどうあがいてもつくれない。
客観的な経済的信用のある特別に許された人間だけが作れるカード。
※作れるレベルの人間に限って、ゴールドなんて誰でも作れると言いふらしますが、正直とんでも無い話しです。
もちろん、上を見ればプラチナ、チタン、セミブラック、ブラックと続きます。
これがあると、女にもてるという噂があります。
見た目だけで(中身もないと作れないのだが)得するいい例ですね。

⑦服装のコーディネート
できればデザイナーブランドの方がいいですが、ユニクロでマネキンに着せてあるあれと同じ構成にしてもいいです。
自分のセンスに自信がない人でも、最低限のラインは保たれます。
何もアルマーニとかゼニアとか、そこまで超高級に行かなくてもですね。

⑧キャッシングトレードはしない
確実な利回りが約束されているのであれば話は別ですが、借金がある状態というのは深層心理に負の悪影響を与えます。
普段生活する上で活力がなくなったり、いつも何かに追われて切羽詰まった感じになったりと健康に良くありません。
その状態は、見た目にもかっこ悪いです。

何より、借金をすることにより、何かあった時の信用枠が足りなくなって急遽資金繰りに困ることだって考えられます。
その状況こそ、まさにあのリーマンショック直後にレバレッジ投資を行っていたアメリカ人を襲った恐怖でしたね。
借金をしていなければ、借金をして凌げたのに、既にギリギリいっぱいの借金をしていたから凌ぎようがなかったのですね。
どおりで、あの時経済の回復が遅かったわけです。

今度はリーマン・ショックならぬ「李満ショック」が起こるとか起こらないとか!?
[ 2015/09/04 00:48 ] FXと関係ないこと | TB(-) | CM(0)
 
システムトレードランキング