東京システムトレーダーの開発日記

MT4のEA開発者のブログ

Beatrice-07 Beatrice-ADX01 Ver1.9へのアップデートのお知らせ

Beatrice-07はともかく、Beatrice-ADX01の成績が良くないようなので、パラメータの再調整を行いました。

◇Ver1.9アップデート内容
(1)パラメータの再調整
 ADX01の成績が良くないですので再調整しました。
(2)毎年9月の相場への対応
 内容は企業秘密となります。

これらのアップデートを行った結果、リーマン・ショック直後のような相場でも理論上は耐性があるようになりました。
また、最適化には2014年4月から2015年4月までのデータしか使用していませんが、2005年から現在までのバックテストでは、問題なく成績を残せることを確認しています。ただし、過去大丈夫だったからと、これから先も同じという保証はしかねます。
スポンサーサイト
[ 2015/10/29 18:54 ] MT4 EA | TB(-) | CM(0)

Beatriceの注意事項(ただし、特に気にするほどではないです)

一般向け※に下ろした元業務用EA「Beatrice-07」が今後どうなってゆくのか。
実は、開発者の私自身、何ということも出来ないのです。
※一般向けではない超超高額システムも有ります。
いつまで成績が伸び悩むのか。
この時期はいろいろな意味での反転期なので、ハラハラさせられます。
今後のEA改修ポイントとして、9月中の取引を行わないように仕様変更するかもしれません。
来年に向けて。

1.EAの成績がプラスに転じるかどうかの時期(10月)
2.この時期は、未知の法則に導かれるがごとく経済が不調になりやすい時期。
3.特に今年は、7年に1回、大事件が起こるというジンクスのある年。
そして10月の事を、日本では神無月(かんなづき)と呼びますね。
10~11月は神様は大忙しだから人間のことは見ていられないかもしれません。まあ、見てても見ていなくても、自分で頑張らない人のことは神様も見捨てますが。

さて、ワタクシは7年前、リーマンショックが起きた時のことを思い出します。
Beatriceのバックテストデータを見ますと、2008~2010年の成績の悪いことが分かります。

Beatrice-ADX01に関しましては、2005年よりも前まで逆上って2000年からのバックテストを行ったブロガーさんもいるようです。
Larryさんのブログ(Beatrice-ADX01)
開発者の見解としましては、2011年以降のデータでしか最適化を行っておりませんし、何度もブログで繰り返していますが長長期のバックテスト結果に意味があるものとは考えていません。しかし、例のリーマン・ショック後を除き、2000年からの15年以上に渡る長長期バックテストでさえ成果が出せているところを見ると、我ながら会心の出来だったと思うところはあります。
5年以上のバックテストを合格できるEAでなければダメだと力説する筋の人も、これでは納得せざるを得ないではないでしょうか。ご自分で申し上げたことでしょう?
とはいえ、毎年のことであるとはいえ人間の心理を考えると、そろそろ色々と忍耐の限界に近いかもしれません。
今ここで成果を出さなければワタクシの信頼というものに致命的な傷を負う事になることでしょう。
何故なら、私自身が9月は調子が悪いと明確に書いてしまったからです。
10月からとは書いていませんが、それならば10月、11月の期待値が上がっていることも分かるからです。
(;・∀・)

そして開発者自身、もう一ヶ月は気絶でもしていたいと思っているというのは。
相場の動きを直視すると、本当に精神衛生上良くないものです。
だから人間の代わりに考えることのできる、単なるロジックを超えた思考力を持つEAが欲しかった。
だいぶ前にブログ記事として07の方がパフォーマンスが上であると書きましたが、それは単純にBeatrice-07とADX01を比べた場合、目先の危機察知能力で言うならBeatrice-07の方が上であるといえるからです。
実際、ドローダウンを見ていくのであれば、長期的には似たようなトレードをしつつも07のほうが凹凸が緩やかであるといえます。

更に凹凸を抑制する方法はあり、Beatriceシリーズの不調期に成績がよく、好調期に成績不振になるようなタイプのEAと組み合わせることです。言い訳がましいですが、不調期は有ります(ごめんなさい)。
組み合わせに関しては、fx-onのサイトでポートフォリオを見ることが出来ますが、この事も以前ブログで取り上げていたかと思います。
これならば精神的にも安定し、もっと心地よく昇天する勢いで気絶投資法を実践することが出来るでしょう。

私自身、ここからの成績回復が望ましいと思うのは、シストレ24での評価にも響いてくるからというのも有ります。
なお、Beatrice-07はごく最近になってから、FX口座開設の無料プレゼントとなっていますので試しに手に入れることもできます。
[ 2015/10/22 21:04 ] MT4 EA | TB(-) | CM(0)

Beatriceの成績について -過去1~2ヶ月程度

ワタクシは土曜日あたりは、ほとんど何もしないで過ごすことが多いのですが、10月辺りから相場が復調するであろうという期待から、最近のEAの成績などなどを確認してみようかと思いました。

まず、ブローカーにより若干成績が異なるというのは、ごもっともな事だと思います。
ブローカー側の環境要因(サーバ負荷など)にトレード結果が若干左右されるというのは、理屈上はありえます。
例えば、極端な市場の変動があった場合、A社では配信されていたレートがB社では配信されていないということは考えられます。
そういえば、色々なFX会社の配信レートを見ていると、各々タイミングなどがズレて動いていませんか?
その差が大きければ、EAの成績にも影響を及ぼしてくるのではないでしょうか。
Beatriceに関して言えば、そういった要因に極力左右されないような作りになっています。
しかし、それが完璧な対策であるということは出来ません。サーバからデータが来なければ、アルゴリズムが判断することは出来ないのですから。

さて、9月は毎年不調なのは仕方がないない事※なのですが、それならいつに成ったら調子が戻るのだろうと思う方も多いのではないでしょうか。
※それならば、不調期だけロット数を減らせばいいので個人の力でも対策はできます。
人間は、将来得られるものの方が遥かに大きくても(保証はないです)、いま自分の目の前で、自分の財産が失われていくことにとても大きな恐怖・不安を感じます。
次に出会う女のほうが、より魅力的で、とても素敵であっても(だいたいそうなのですが)、いま自分が気になっていた女にフラれたほうが遥かに辛いのと同じでしょうか。

これについては、いつ復調するということをワタクシが保証することは出来ません。
自分の目の前にあること全てが自己責任の世界です。
ですから、事実だけ淡々と書きますね。

【2011年1月~2015年10月 Beatrice-07 収益グラフ】
2011-2015 - コピー

【2015年4月~2015年10月 Beatrice-07 収益グラフ】
2015-2015 - コピー

左から一つ目の矢印は2015年7月末あたりになります。
そして、二つ目の矢印が2015年8月末になります。
こうしてみると、9月中は収益グラフが右肩下がりなのだと分かります。

2015年4月に5000$スタートとして、最高が13222$。
10月2日時点で11572$ですから、-1650$ほど損失を出したことになります。

ただ、2011年から現在に至るまでのグラフから、およそココ1ヶ月ほどのドローダウンと同じ規模の損失が何度も繰り返し起こっていたことがわかると思います。
このことから、全体的に見た場合、9月の収益落ち込みは、実質的に過去フォワードでも実際に起こっていた、ほんの僅かの凹みと同じものにすぎないのではないかと考えられます。
実は、この収益落ち込みは、冷静によく考えて見ればいつものことに過ぎないのですが、精神的に辛いことになるのに違いはないでしょう。
やはり、精神安定の観点からも気絶投資法が如何に効果的で偉大であるかということが分かります。
9割の大衆と同じ精神状態になり、同じような考えで同じように行動すれば、9割の大衆と同じ結果がもたらされるでしょう。

こういう自分が不利なときにしてはいけないこと。
それは大きく張ってしまうことなのではないでしょうか。
どうでしょう?
不調だと分かっているのであれば、ロット数を減らすことで自衛が出来ます。
でも、そういう事は中々難しいのではないでしょうか。
9割の方は、出来ないものではないでしょうか。
いや、出来る方のほうが、余程どうかしていますか?

もちろん、過去に起こったことが、これからも繰り返されるという保証もまたありません。
最近はFPGA※などを用いた超高速取引というものもあるように、環境はどんどん変化します。
これからも変わり続けるでしょう。
※コンピューターの最新型CPU(インテルとか)よりも、遥かに早くデータ処理が出来るハードウエアプロセッサ

超長期に渡るバックテストを、参考にすることをワタクシが良しとしないのは、こういった技術革新があるという事実による背景があるからです。
かつては二つ折りのガラケーが主流だったのに、今ではスマートフォンが当たり前になっている。
世の中は変わり続けていますよね?
では、世の中が変わるのと同じで、世の中のほんの一部に過ぎない相場も変質をし続けているのではないでしょうか。
今までも、過去に当たり前だと思っていた、いや思わされていたことが当たり前ではなくなってきたのではありませんか?
それなのに、遠い過去のデータが、どうして参考になるというのでしょうか。

不安要素といえば、7年前のリーマンショックほどではないにしろ、やはり中国経済が危ないという事実に違いはないでしょうから、それがどう影響してくるかという事でしょうか。

最後に、
非公式ですが、ワタクシはこのEAを日本円で100万円あたり0.1LOT、4ポジションが標準であるということにしています。
非公式にしていた理由は、各々トレード環境も違いますし、この通りにしたからといって安全であるという保証まですることは出来ないからです。
しかも、レバレッジが200倍※であるならばの話です。
※国内でも法人口座なら200倍は合法。


まあ神様がいたとしても、自分で考える事を止めて、何とかしてくださいと祈るようになっては終わりですね。
神さまは、神にすがるだけで自分では何もしない人間がウルトラ大嫌いなんですよ。
気がついていましたか?
何故なら、自ら前に進もうとしない人間を誰も(神様でさえ)助けることは出来ないのですから。
といっても、自分(詐欺師)だけが利益を得るために、間違った方向に歩かせたがる詐欺師も世の中、多いのですが。この場合は進んでも無駄な努力になりますが、いいように詐欺師に依存させられ、更にはそれを見抜く力のなかった自身の能力不足による不利益というものです。
[ 2015/10/10 16:43 ] MT4 EA | TB(-) | CM(0)
 
システムトレードランキング