東京システムトレーダーの開発日記

MT4のEA開発者のブログ

今のBeatriceの動きについて

最近は、時々Beatriceの成績を確認するようにしている。
本音で言うなら、気絶投資法に徹したいところなのだが。

ここ最近の相場は、チャートを見れば上に行くのか下に行くのか迷っているよう思う。
レンジ相場というやつだ。
トランプ大統領の発言・シリア空爆、北のミサイル、イギリスのEU離脱、フランス大統領選、IS、尖閣問題、大統領不在で無政府状態の韓国がどうなるのか。
本当にてんこ盛りで、世界情勢の難しさが、そのまま為替相場の動きにも影響を与えている。
 
こうも乱れた相場だと、トレンドがないに近いのだからBeatriceは逆張り的なポジションの取り方をするのだろう。
 
Beatriceにこれといったロジックは存在しない。
よく「複数のトレードエンジン搭載!」というEAもありますが
Beatriceにトレードエンジンは一つしか積まれていない。
うまく表現できないですが、
「このインジケータ、オシレータを使って相場の状態を判断して”利益を伸ばすように作用する”システム」であり、トレードルールをプログラムに全く明示していないので
状況によってはトレンドフォローのようにもなるし、トレンドがなければ逆張り的なトレードをすることもあるというだけなのでしょう。
両方の動作を一つのエンジンだけでこなしている。
というか、エンジンはパーセプトロンだけなのだから、明示すること自体が初めからできないのだけど(笑笑
 
プログラム自身に、トレードルールを見つけさせるという考え方は、
Beatriceにパラメータという考え方自体がない理由でもあります。
 
さて、このEA自体旧型化が進んでいて、より性能の優れたEAがどんどん登場して来るのだろうと思いますが、カーブフィッティングの影響なければ長期間使い続けることが証明できたことに、私はとても満足しています。
 
P.S.
気が向いたら、新型に対抗できる次世代バージョン開発するかも。
きちっとした機械学習のライブラリ取り込んで。
次世代MT5は標準でGPU使った計算ができるようになっていてですね・・・・。
ry)
スポンサーサイト
[ 2017/04/20 23:42 ] 未分類 | TB(-) | CM(0)

システム安定稼働に必要なこと

今までfx-on経由で届いた質問(直メッセとか)などに対する考察・返答から作成。
  
1)スプレッドが極端に狭い業者は使わない(狭いだけなら問題なし)
  ーインターバンクの卸値より狭いスプレッドは銀行系でない限りは呑みかもしれません。
   ーあからさまにはやらないでしょうけど何されるかわからないのでは?
    ーストップ狩りの噂などはありませんか?
2)MT4の場合、EAの処理が正常に受け付けられるFX会社を使う。
  ーできれば使うEAに対する安定稼働実績があると評判のFX会社(相性の問題)
  ー使うEA関係なしにGoogle検索「”会社名” + ”EA 不具合”」の条件で出てくるようだとダメかもしれない。
   ーいくら対策しても完全安定動作の保証ができないから。
    ー安定したベースでシステムを運用するのは基本中の基本。
     ーベースに問題ある環境を推奨するような人はシステム屋としては信用できない。
3)フォワードで1〜2年以上安定稼働しているものをなるべく中心に選ぶ。
  ー成績に対して近視眼的だと自分の口座が死にます。死ぬときは即死です。
  ーどの作者・会社が作ったものでもいい。FXという無法地帯では実力が正義なので。
  ーできればBeatriceも併用すればなおのこと良し。
4)できればEAを複数稼働しない
  ー干渉しあうかもしれない
5)MT4を稼働させるパソコン・VPSはOSアップデートをきちんとすること。
6)MT4を稼働させるパソコン・VPSはウィルス・クラッキング対策をきちんとすること。
7)MT4を稼働させるパソコン・VPSにはイレギュラーなカスタマイズを施さないこと。
8)EAのロット設定・リスク管理を人に任せきりにしてはいけません。
  ーセット、アップデートされるたびに確認のこと。
 
おまけ)Beatriceシリーズは、永久に販売され続けますが旧型につき基本的には開発終了品です。
[ 2017/04/16 19:48 ] 未分類 | TB(-) | CM(0)

システムトレード(オートマティック・アルゴリズム)の注意点

一部のトレードシステムは、人間用のニュースの内容を人工知能(自然言語解析など)が解析しトレードするようにできている。最近は、Google・Amaonが提供しているAPIの中にAI技術が含まれているので同じようなことも以前よりは容易になったことだろう。

しかし、パーソナルユースに近い廉価な(〜数万円)システムは、こういった機能を実装しているものは少ない。
MT4に関して述べるなら、経済指標をチャートに表示することはできる。
WindowsAPIを使い、どこかのWEBサーバにアクセスしてから必要なデータだけを読み出す。
 
ところが、突発的なニュース(緊急ニュース)となると簡単ではない。
ニュースでトレードするなど技術的にやろうとすればできることでも、本気でやると開発コストがどうしても高くつく。
人月で計算して、どのくらいかと言うと1ライセンス数十万〜のソフトになってしまうだろう。優秀なエンジニアを使うほど、開発に多くのコストがかかってしまうからだ。
従って、そうでない一般的な自動トレードシステムを使うときは次のことを頭に入れておかなければならない。
 
1)突発的な事件が原因のパニックに弱い
  ※大震災、戦争(ミサイル発射など)・紛争、金融パニック、米国大統領選など
2)指標に弱い(指標を避ける機能がない場合)
 
多くのソフトが、インジケータ、独自のインジケータを用いてテクニカルトレードをしている。
テクニカルで正しいトレードにとって、ファンダメンタルはノイズでしかない。
しかし、そのノイズが強すぎるとありえないような方向へ相場がねじ曲がることがある。
この強すぎるノイズは突発的なものであり、事前の兆候は見られないか、隠されることが多い。 
たまたま持っていたポジションに都合のいい方向へ向かえばいいが、都合の悪い方向に動く場合もある。
システムは、こういった予測不可能な事象に対してどの程度の負けまで抑えられるかを重視しなければならないのだと思う。
私が書くまでもなく、この辺りの負け許容に関してはかなり以前より邦訳の専門書籍(英国超大手HF出身者著など)がいくつも出ている。英国超大手HF出身者などが書いた専門書籍であれば、書いてあることは正しいのではないでしょうか。
でもね、日本には詳細に解説していある書籍があるにもかかわらず、未だに間違った情報を流す人が結構多かったりしますね。
・長期バックテストで抜群の成績(反証:フォワードは?カーブフィッティングは大丈夫?)
・高勝率(反証:負けた時の損失は?9回10pips勝って1回ー200pipsだったら?高勝率なのに負けてるよね?)
・何を持って正しいトレードアルゴリズムとするか(過剰最適化による見せかけではない確証は?)
※適切ではないルールのアルゴリズムは、TP・SLなどのパラメータを少しいじると崩れます。また、バックテストのような成績のフォワード成績曲線になりません。
 
因みにですが、開発当初ベアトリーチェを調整したときの調整手法。
過去数年程度の特定期間(2012-2015)のみで最適化をかけ、その後の期間(2016-現在)まで通してバックテストして、というのは英国ヘッジファンド式の、本物の正当な調整手法の一つなのですよね。
本物のプロだったら、話少し聞けば気がついたのではないかと思う。
  
ベアトリーチェが目指したものは、本物の長寿命EA
さて、何年結果を出し続けられるかでBeatriceはやって、つまりEA長寿命ランキング1位を目指しているけど、Beatriceもだいぶ旧型化してるしなー。
実際、私の中でも旧型なのだけど
安定して動作しているブローカーで使えば、まだまだいけるのだと思う。
 
あとは、オアンダさんの件かな。
どうも見ていると、オアンダジャパンと本国オアンダは別物のよう思う。
ジャパンのよくわからないMT4サーバ仕様変更はありがたくない。
EA側の対応方法が無いに近いからだ。果たして、これは顧客に対して誠実なのだろうか。
 
調べた結果、ジャパンのポジション処理ではMT4自体が正しいデータをEAに返せないため、ポジション管理ができない。対応させると、例えばMT4・EAを再起動させた時などに別の重大な誤作動を起こす危険がある。そして、何より次はどのようなド変態仕様が出てくるのかハラハラさせられる。こうなると、EAを対応させるよりは安全のために使わないでください・移してくださいの方向になってしまう。
 
知らないですが、他の人がやって見ても似たようなものじゃ無いかと思う。 
これではMT4であるにもかかわらず、EAを使わないでくださいって言っているかのようだ。
実際、今までのクレームの大多数はオアンダさん絡みだったりする。
にもかかわらず、本国版の方では利益を出せているらしい。別物ですかね。
この特殊仕様をやめない限り、オアンダさんは使わないでくださいとしか言いようがなくなってしまう。結構辛い。
 
いろいろ難しいことはあるけど、ほんと、人を騙して稼ぐより正直にぶっちゃけた方がまだ人として気分がいいわ。
[ 2017/04/09 23:29 ] 未分類 | TB(-) | CM(0)

FXを始める人にいつも言うこと

今時は仮想通貨(ビットコイン・リップル)が注目を集めていて、MT4でも取り扱いのある会社があったりします。
ただ、チャートを見てわかる人はわかっているかと思いますが、非常に投機的な動きですよね。
 
ビットコインほど分かりやすい投資対象はないため、これに対するトレードアルゴリズムを開発するまでの必要はなくて、特に大きな事件がない限りビットコインは持ち続けるだけで3倍くらいにはなるだろうと期待しています。
上昇の背景には、別の仮想通貨の存在が見え隠れしていましたが。。。。
ただし、仮想通貨は通貨としての重要な要件を満たしていません。
通貨の重要な役割の一つである税金をビットコインでは払いことができないのですから。
 
一方、FXは今時流行らない感じになりつつあります。
  
FXを始めた人に、私はことあるごとに言ってしまう言葉があります。
「魑魅魍魎が住まうHELLワールドへようこそ」
 
・自分が開設した口座でさえ敵かもしれません。
 ※顧客の得が業者の損であるノミの場合。
 ※銀行直営でもない限り、インターバンクからの卸値と同等、狭いスプレッドはカバー(ゼロコンマ後半〜)かノミ(ゼロコンマ前半)のどちらかです。カッコ内は目安
・世界の猛者を相手に戦わされます。負けるのが当たり前の世界。
・自分がドローダウンを食らっていても、神様※は助けてくれません。事実上の無法地帯です。
 
 ※ひどい話なのですが、ロスカットされて何か(プオーーーん)に飛び込んでも翌日には忘れさられています。何か社会的にものすごい大人物(自称ではなく)でもない限り、誰も助けてくれません。早まったことはやめましょう。 
 ※神様は頼みごとをする存在ではなくて下僕である人間が感謝するべき存在だから助けてくれません。助けるかどうかは向こうの都合。例えば上司、ましてやボス(神様)に命令なんてできませんよね?さて、ボスが使えない無能な部下を見たらどう思いますか?何かしら使えるやつなら助けるかもですが、普通は助けようとは思わないのではないでしょうか?
 
参入してきた新人の夢をことごとく粉砕する、どこに救いがあるのかわからない相場の世界。
特にFXというのは、こうも胃が痛くなるものです。
 
 
さて私は、例えばfx-onなどに出しているEAが売れても売れなくても関係なしにお金があります。
ビジネスのごく一部に過ぎないので。
だから、何かしらの不当な要求は平気で撥ね付けたりします。
fx-onがどう思うかはわからないですが、少なくとも私の方は何も困らなかったりします。
※分かりやすくするために、、、例えば、資産が数千から億あったり、別の収入が月収数百からと超デカい人がいたといます。。。。この場合、たかだか定価4万円のソフトが売れても売れなくても、この手の人はどうでもいいとしか思わないのではないでしょうか。月収20万円換算でも千円二千円レベルが痛いでしょうか?
もちろんEAはfx-onに出品し続けるでしょう。
それがどこかのトレーダーの役に立つのであれば。
短期的な損益は無視したいですが・・・。
 
私は、より性能の良い新型トレードソフトを自分で開発し使うこともできますし、私自身が裁量トレードで利益を出すこともできます。
裁量は、人間の本能(損大利小)から来る行動の逆をやればいいので。
※例えば多数決の逆
 
自身がそうなので、
逆に言えば、Rぽんぎヒルズに住んでいるとかでもなければ・・・・私に対して圧力をかけられる人はいないということでもあります。。。。だからなのでしょう。ユーザーから真っ当な質問があれば、極力裏側も隠さず、かなりまともな答えを返している方なのだと思います。
[ 2017/04/09 21:43 ] 未分類 | TB(-) | CM(0)

できない人の共通点

EA開発者の一人が考えていることを書くだけのブログだから、いつものことながらどうでもいいことを書いていこうと思う。
 
できる人というのは、仕事ができる人ができる人のことでもいいし、金稼ぎがうまい金稼ぐができる人でもいいのだと思う。
できない人というのは、仕事ができないとか、金稼ぎが下手と、これもなんでもいいのだと思う。
 
サラリーマンが、会社で働いて給料をもらうのは、雇われて給料をもらうしかサラリーマンは金を稼ぐ方法を知らないからだろう。
それでも、サラリーマンとして優秀で仕事のできる人はいて、日本人の平均年収410万円時代でも高給を稼ぐことができる。
多くのサラリーマンは上司に不満を持つだろう。ひどい場合は、なんでこの人が上司なのだろうと。上司も部下に不満を持つでしょう。なんで俺の指示通りにできないのだと。俺の負担が減らないじゃないかと。 
 まず、そもそも上司は、そのポジションに見合う実力があるからそのポジションにいるわけではない。そのポジションの一つ下のポジションでの能力が十分だから、一つ上のポジションにいるのである。だから、そのポジションにいて部下が何かしら能力面で思うところがあるのは仕方がない。
 上司が部下に不満を持つのは、実は部下は上司の命令の意図を正確にわかって動いているわけではなかったりするからというものがある。部下は部下で、上司の指示を正確に理解する能力が欠けているのである。意図した通りの仕事をしてくれない、違うことをするのだから、上司の負担が減るはずもない。
 
 アフェリエイターや専業トレーダーが、サラリーマンで金を稼がないのは、雇われる以外の稼ぎ方を知っているからである。
 
ただ、共通して全ての職業でできる人とできない人がいる。
少なくとも、できない人は同じくできない人のやり方を真似て、できないスタイルを自分にコピーしてしまっている傾向が強いよう思う。
ゲームに弱い人にゲームを教わっても強くならない。
 
いくら「俺の言っていることが正しい」と主張する人間がいたとしても、その人が現実的にできていない人(投資トレード関係であれば勝てなかった・今もうまく言っていない、自分のやり方で勝てない)であるなら、主張全般言っていることが正しくない確率の方が高いということは、少し考えればわかるような気がする。
 私の場合、超できて、スゲー優雅な生活を送っているとかいう人に、スタイル考え方に関する何かを指摘されるのはあまりムカついたりということはない。実際に、できる人が言っていることであれば、それに対して何ら返す反論がないからである。
 しかし、自分損しました負けました。「儲かっていません人」に何か言われる筋合いはないわなあ。という風にも思っている。勝てない、うまく行っていない人の言うことが正しいと言う風に考えたことが全くないからである。正しいのなら、うまく行っているはずだし、自分の裁量トレードでさえ勝ちまくれるだろう。
勝てない自分であれば、まず、その場において自分自身の能力を信用してはいけないと言うことを、私はいつも自分に言い聞かせていたりする。

[ 2017/04/08 15:03 ] 未分類 | TB(-) | CM(0)

EA開発者的な呑み業者の見分け方

 どうも投資家(主に経験の少ないFXトレーダー)を引っ掛けて、投資金を呑んでしまおう的な流れの方がうるさく突っかかってくるので、報復的な意味合いで呑み業者を見分ける方法があるのかについて書いていこうかと思う。
 突っかかってくる度、もしくは何かしらの利害がある時に、憂さ晴らしで相手の都合の悪いことをばらしてしまうというのは実に気分爽快だ。
某ドラマの影響か「やられたらやり返す!倍返しだ!」のセリフが流行っていた時期もあった。
宗教的にはどうか知らないが、ゲーム理論的には最良の戦術らしい。
そして私は、報復すること大して何の躊躇も、叩き潰すことに対して何らかの抵抗感情をも持つことすらなかったりする。
 
日本のFXトレーダーは、まだ学習が足りていない。
というか、途中で退場してしまうので全体での経験が蓄積されていないのかもしれない。
金融庁の規制以前、日本に拠点を置くFX会社が顧客の資金を市場に流さず呑んでしまっているという。。。。
顧客の損失=FX呑み業者の利益
の公式が成り立つことは、まことしやかに語られていた。
わざと(意図的に)レートをズラして多くの顧客のストップに引っ掛ければ・・・・もしくはリーマンショックのような経済事件が起こる度に、、、つまり顧客が被害を被る度に彼らの業績は上がっていった。
ちなみに彼らは、日本で金融庁などに届け出を行い金融会社として合法的に運営をしていた。
 
金融庁の規制以後は、金融庁に登録をしなければ日本国内での営業はできなくなった。
レバレッジも制限された。
監視の目も厳しくなったので、以前のようにあからさまな(トレーダー側にとっての)妨害行為はなくなったと思われていた。
しかし、だからといって別に呑み行為を法律で禁止したわけでも何でもなかったりする。
今でも、FX会社が提示するレートで取引をするということを許可しているということは、つまりそういうことである。
 
これはMT4を採用した会社のシステムであっても同じことである。
あの会社はNDDを謳っている!MT4は人間が入らないシステムだ!NDDでそんなこと出来るはずがない!
多くの人が勘違いしていることの一つが「MT4だからNDDで安心だ」とかいうあたりじゃないかと思う。
メタクオーツは、あくまでトレーディングのための標準的なプラットフォーム・枠を用意しただけで、裏側でどこのシステムにブリッジをつなぐとか、こうしなければならない設定だとかの制限がついているわけではない。
ぶっちゃけMT4でも注文を流さない呑み設定をすることは出来る。
レートだけ拾ってきてレートだけ配信すればいい。
このあたり、残念ながら金融庁が目の敵にする様な海外拠点の業者のほうがまだ投資家に正直で、余程良心的だと思う今日此頃である。
 
何を根拠に、こんなことを言っているのか・・・・。
 
あまり興味がなかったので、本当に情報なんたらとか放ったらかしにしていたのだが
スプレッドが狭いと大評判の某証券会社”O”のMT4-BASIC口座のことである。
・一時期有名になった某EAで儲けすぎた人がプロ口座に強制移行させられた。
・EAでの売買が無効化された。
去年のことで今更説明もいらない気がしますが、だいたいこんな感じである。
 
そもそもBASIC口座とは、FX会社とトレーダーがWINーWINの関係であったのかということだろう。
分かっている方が多いアタリマエのことを恥とか関係なしに今更当たり前に書いてしまうと
「呑み口座だからLOSEーWIN(FX会社ートレーダー)になり、FX会社がおかしな処置をする結果となったのだろう。」
ということが分かってる方多いと思います。
MT4でもこういうこと(ノミノミ)は出来てしまう。
レート操作も出来なくはないので、規制が入らなくってもこれは日本のFX業界の体質だとしか言い様がない気がする。後ろからMT4のシステムに流すデータをつまんで弄くればいい。
 
そして、某社のようにEAの売買を無効化出来るってことは、A氏の儲けすぎEA以外であっても、他の儲けすぎEAの動きの妨害も出来てしまうってことではないでしょうか。
EAのポジション構築には、裁量の時と違った情報がデータにつけられているから判別方法はあるわけで。
 
なにより海外業者と違って、なぜ日本の業者はゼロコンマ以下のスプレッドを提供できるのか。。。。
言い換えると、なぜ日本の業者はインターバンクから提示されるスプレッドより極端に狭いスプレッドを提供しているのか、である。
マリーによる手数料節約も多いのかもしれないが、特にゼロコンマ前半のスプレッドでは無理な話である。真面目に市場へ流すどころか、マリーを使ってさえトレーダーがトレードする度に大赤字になるはずである。つまり、はっきり書かないがそういうことである。
極端にスプレッドが狭いFX会社(自称NDD”フェイクNDD”のMT4含む)は、顧客が損してくれないと会社が潰れる。
なら証拠のあるなしに関係なく、本当に使って大丈夫なのかを考えるべきではないだろうか。
 
冷静にキチンと考えればわかりそうなそれでも、スプレッドだけで選ぶ人※が多いのだが、彼らにしてみればいいカモかもしれない。
自分が開設した口座が、味方のふりをした真の敵であっては勝てるシステムを入れても勝てなくなるのは当然ではないだろうか。。。
 
・・・・いかにも味方のふりをして、自分らからカモろうとする連中側の思うがままに動かされてしまう。
日本のFXトレーダーは、本当に学習していないのである。
 
 
※大衆は常に間違っている。これには当然T市場の捏造汚染問題なども含む。大衆が主張することの逆が真実、大衆が信じているものこそを信じてはいけないというのは、民主主義の大欠陥であり悲しいくらいに必ず当たる。
[ 2017/04/05 02:54 ] 未分類 | TB(-) | CM(0)

インヴァスト証券での順位ーBeatrice 2017


インバスト証券シストレ24のページ
http://www.invast.jp/st24mr/advantage/
 
最近は忙しくて、インヴァスト証券でのBeatriceの順位はチェックしていなかったが、多忙も解消されたので久々に見ることにした。
私は、Beatriceは放っておいても何とか自動で勝手に判断して、これまた何とかするだろうと考えていたので、本当に長期間放っておいた。
 
2017年4月1日現在
アア 
※インヴァスト証券では、8000を超えるトレードシステムを”無料”で使い放題することができる。
 
稼働以来の成績では、Beatriceは3位と4位に。
2位には2016年度シストレ24AWARDSに輝いたMultiAgentさんが鎮座している。
Multi・・・・えーと肯定しても批判しても強いものは強い。
ただ強いものが勝つと言う簡単な理屈が働いているだけなのである。
この事実の前には、個人の都合・願望は儚くも消し飛んでしまう。
このまま多分続けたら、稼働以来成績でfx-on1、2、3が達成できそうだ。
うん。
※Beatriceは2015年AWARDS優勝
 
目の前に強者が現れたら、逆らっても(反対トレードしたら)必ず敗北する。
※お前はもう・・・○んでいる・・・・。 ケン○ロウ氏談
真の強者の前に弱者は無力。
ならば、強者に合わせ(コピ)るのが長生きする(相場で生き残る)コツなのではないかと思う。
この8000を超える(中には勝てる強者の)システムを無料で使えるというのは画期的。
おまけ:ちなみに敗者は、必ず負ける方法を普段から実践しているので、負け方ならよく知っている。大金をつぎ込んでも勝つことができない。
 
Beatriceは1年間の成績では、事実2位と6位(全世界8000システム中)
一ヶ月から半年の範囲でも、16位以内にBeatriceの名前が入っている。
 
fx-onでは優秀なEAがたくさん出品されている。
インヴァスト証券で扱っている上位システムより成績の良いシステムがある。
間違いなく優秀なシステムだ。
ただ、その多くはインヴァスト証券のキツメの仕様から外れている。
本当に厳しい。。。。(泣)
 
・ポジションは4ポジションまで
・ストップロスの規定
・可変ロット禁止
などだ。
実質コピートレードだから、スキャルピングは使えない。
スキャルピングはタイミングがシビアなので、わずかなタイミングのズレで成績が悪化してしまうのである。
 
システム同士は、同じ条件・規定の元に置かれ、同じ公平な基準で評価される。
例えばトレードロット数が変われば、これは公平な条件で比較することができなくなる。
システムを動かす業者が違くても、公平な比較にならなくなる。
 
さて、順位を見ると何年も前に入賞したり優勝したシステムが常連であることがわかる。
ThirdBrainFX,TidalWave,Genius・・・・・・。
基本ロジックの設計が良いシステムは、どれもきちんとした条件下に置かれれば簡単に崩れることがないものである。
 
何と言うか世の中の情報に惑わされることなく、こういった、きちんとしたトレードデーターが出ている透明性の高い誤魔化されないサイトで、自分が使うシステムが大丈夫かどうか検討して見てはいかがでしょうか。
 
追伸、成績の互換性を重視するならインヴァスト証券やセントラル短資FXのミラートレード口座か、うまくシステムが動いている評判のFX会社の口座(できればスプレッドが極端に狭くない方が逆に良い)を開くことをお勧めします。
[ 2017/04/01 23:34 ] 未分類 | TB(-) | CM(0)

使う業者をどう選ぶか・・・・

かつて日本で発売されて問題になった「ヒトラーのプロパカンダの方法」に関する本があった。
大衆の中で、一番レベルの低い連中にわかりやすい、感情的な捏造メッセージを送ることによって大衆を操る。そう言うあくどいやり口が書かれた本だった。
ドイツ人はこうやって騙され、自分たちが20世紀最大のペテン氏に騙されたことに気がついたのはずっと後だった。
※神と比べて未完全な人間のやっている事だから、必ずどこかにほころびが出て騙し続けることができなくなります。
J民党にお聞きしたい。(前記事参照)
私の判断と感覚、分析は間違っていますか?
私のいっている事は、だいたい正しい方向ですか?と。
 
真面目で有名な人種でさえこうだったのだから、瞬間的に、いかに人間の脳は正しいことを聞き、正しく判断するのが難しいのかがわかるかと思います。
冷静に論理的に考えれば、いっていることが正しいか間違っているかわかるのにです。
私のビジネス顧客は、それができる優秀な人間がいれば問題がないのですが。
それ以外は、止めても聞くことがありません。
※こういう性格ですから、付き合う人はだいぶ限られます。はい。
※いつもいる環境があれなので、実際疲れています。
ビジネスは正確性を要する。相手が騙しやごまかしをしているかどうか、敏感でなければならない。
だから当然、ペテン手口は詳しくなくてはいけない。
 
業者選びに関してもそうで、世の中には様々な情報が流れている。
私もどうやって使う業者を選ぶべきなのかについて、かなり困っている。
ストップ狩り、呑み。
これらに証拠はありません。
 
不自然なレートが配信されて、ストップに当たった話は時々聞きます。
MT4サーバは、カバー先から流されてきたデータを取り込んで、皆さんのMT4にレートを表示します。
やろうと思えばサーバに流すデータを(割り込んで)改変してやることもできなくはない話です。
しかし、証拠はありません。
カバー先から流されてきたレートがそうだったといってしまえば、これ以上追求して証明する事はできません。
 
呑みに関しても、そうでしょう。
注文を市場に流しているMT4と、流していないMT4の挙動は大した違いがありません。
カバー先との接続で、レートのみ取得・注文を流さないよう背後のプログラムを設定してしまえば良いのですから。
返ってくるのはバックで動くプログラムの擬似信号でいいわけです。
 
ただ、呑みをしている業者はスプレッドが銀行間で流れている本物のスプレッドより狭いと言われています。
もう一つ。約定が異様に早い。
普通、インターバンクに流していたり、ECNさせるには時間がかかる。
そりゃそうだ。
市場に注文を流していない、マリー(ECNとか)すらしていないのだから。
 
顧客の損が利益なので、顧客のトレードシステムで(MT4であっても)利益が出るようにしたいとは思わないかもしれない。
そしてストップ狩りの手法を流用して、ありえないレートを配信することでEAの動作を狂わせることもできてしまう。
 
ある業者ではEAのストップにかからなかったのに、ある業者では不自然なチャートの動きをしてストップに当たってしまった。
もちろん、これも証拠はありませんよ。
単に相性が悪いだけの場合もあります。
金融庁は、どこまで規制をしているのでしょうか。
規制の範囲内で、どこまでがグレーで合法なのだろう。
 
結局、業者でもなんでも、自分で冷静に考えてオリジナルの自分の意見を持てない、相手を信じ切った時点で相手にお金を奪われてしまう。
よく考えれば、例えば約定が早いのはカバー先が強力だからではなく「本当は注文処理をしていないから」という可能性に行き着くことだって出来る。
◇流している場合
MT4→FX会社→インターネット(VPN・けっこう遅い)→インターバンク(ここは高速)
MT4←FX会社←インターネット(VPN・けっこう遅い)←インターバンクの約定信号
◇流していない場合
MT4→FX会社
MT4←FX会社(疑似約定信号生成) 
要は、フェイクNDD(自称NDD)はVPNとインターバンクでの処理時間がないから早い。ということも出来てしまう。
私はどこかに人間は正しい判断をすることが出来ない・学ぶことが出来ないと確かに書いた。
では、こういうことをされている可能性に、自分だけで気がつくことが出来たのだろうか?
殆どの方は、出来ていないのではないでしょうか???
いくらでも誤魔化す方法はあるのに、NDDなら安心と信じ込まされている。
MT4採用会社を使ってでさえ、FX会社と利益相反が起こりうる可能性を考えない。
 
正直、こういう素人にわかりにくい部分まで説明していたら、きりがなくなってしまう。
---ただ、私は正直に話しすぎる。---
さて、もしEA開発者に何人も何人も同時に問い合わせが来ていたとしたら??
しつこい意地悪な質問、きちんとしたエビデンスがなかなか示されないクレームなどは、他のメッセージをもらっている方への対応を遅らせる結果になるでしょう。
誰これとは言いませんが、実際にそういうことがありました。
 
だから、自分で考えてもらうしか無いわけです。
 
大体ですが、1ユーザーあたりに、各々全く原因が異なる不具合報告が来ます。
誰かが報告すれば、後の方はそれでいいやなのかもしれません。
ちなみに、エビデンスがいい加減(捏造?XXしないと脅迫的な・・・の営利目的か何かの悪質クレーマー?と思うものも実際ありました※)だったりすると、原因不明で対応することも出来ません。
※始めEAを一般販売しなかった理由の一つです。だから最近対応しないことも多くなっていましたが、他のプログラマーからも、この人(クレーマー?)の言っていることの現象の説明が全く付かない的な回答を何人からももらって、私がバグ報告の真偽(営利目的のクレーマーでは?)を疑い始めたからです。正直な気持ちを書きますが、物凄く怒っています。 もし、本当の報告をしている方が要らしたらごめんなさい。
 
真偽がわからないポイントがあるのであれば、顧客側が取れる本当の正しいオールマイティーな対策は、利益が出ると評判の会社の口座に移るくらいしかないわけで、
自分の資産を守ろうと言うなら、これくらいきつい思考をしないと守ることができないわけです。
私個人に関して言うなら、目標達成のために嘘をつく事はたまにあります。
しかし相手を貶めよう思考をする事はないのですが、多くの中には、そうでない方もいます。

システム面から見ても、私も含め健全化しようと動いても、FX業界の健全化は苦労が絶えないと言う事です。
したがって、新しく騙される人も増えていってしまう。
そしてやはり、騙したい人には、私は大変都合が悪い存在でしょう。
 
追伸、Beatriceが正常に動く業者と動かない業者の傾向を調査中。
[ 2017/04/01 22:02 ] 未分類 | TB(-) | CM(0)
 
システムトレードランキング