東京システムトレーダーの開発日記

MT4のEA開発者のブログ

EAを実際に運用するときの心構え

1.EAはテクニカル分析で動く。
  従って、経済的大事件などファンダメンタルな動きには勝てない場合がある。
  全戦全勝という訳にはいかない。

2.経済的な大事件が発生した時に成績を伸ばしたEAは2通り。
  (1)たまたまポジションを持った方向に相場が動いただけ。
  (2)ブレイクアウトタイプのEAでうまく波に乗れた。
  前者を使い続ければどうなるか分かりますよね?

3.本当に高性能なEAが一般庶民に提供されることは絶対にありません。
  (´・ω・`)平等って何ですか?
  金を出す奴にいいものが提供される。
  ベンツやBMWだってそうじゃないですか?

Beatriceなんてものでさえ、TY田マ○クX程度の位置付けラインナップに過ぎない。
いや、その程度のものであっても初めて一般向けに提供したというところか。


4.時々、海外のEAじゃなきゃダメだと吹聴したがる連中がいます。
もし本当にそう思って吹聴しているのであれば、少なくともそいつらは本物のプロ連中ではないでしょうね。真実が分かっていない。ダメなものは、実は何処製でもダメなんです。
試しに幾つか検索してみると、フォワードで伸びているものと落ち込んでいるものの両方がありませんか?
作っているのが人間であることに違いはない。
この事は、国内外でも条件は全く同じなんですよ。
本質を知るために、3番をもう一度読みましょう。
そして、よくぼろっと口からお漏らしするワタクシのしていることも例外に漏れないのです。いいものが欲しかったら500万円以上用意しましょう。

5.無料の媒体で真実を語る必要はない。
インターネットの予想ブログや無料のニュースを読んで儲けましたという話を知人や親族から聞いたことが有りますか?
カネを出さない人に読ませるものには、書いている側は責任なんて負う必要がないわけですからね。道理でニュースを読んだり見たり聞いたりしているのに儲からないわけです。

6.私がシステムトレード開発に乗り出した理由は、為替相場の動きなんて四六時中見ていたらハラハラして体を壊しそうだったからです。だから、自動化して見ないで済むようにしたかった。そのハラハラする役割を機械にバトンタッチしたわけですね。たぶん今もハラハラするようなトレードを自動でやっているのだと思います。気絶投資法万歳!

7.長期間バックテストに耐えられたEAを使うべきという考え方は、実は大間違いです。
過去の相場は過去の相場。
人間社会が時間を重ねるごとに変化するのと同じで、過去通用したトレード法が通じなく成るのもまた事実。何事にも、FXに限らず決して物事は今の姿を留めることがありません。
だから、ワタクシはあまり過去までさかのぼってシステムを調整するということはしないわけですね。
もし、本当に成果を出せている本物の筋の人なら分かっていることのはずです。
長期間最適化の無意味さをね。
※もし運用を依頼するならどういう連中がいいかのヒント。
 FXでも強い奴に限ってはメチャメチャ勝てるんです。
 勝てないのはあなたがメチャメチャ弱いから。


ついつい口を滑らせてしまうEA開発者のワタクシは、まだいささか慈悲深く良心的な方だと思いますけどねえ。
どうでしょうか。
スポンサーサイト
[ 2015/08/05 22:00 ] 未分類 | TB(-) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する