東京システムトレーダーの開発日記

MT4のEA開発者のブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

MT4の実行環境について(VPS編)

システムトレードをするのには、いくつかの方法があります。

例えば、メタトレーダーMT4をパソコンにインストールしてEAを購入する方法。

しかし、MT4を使うためには一度勉強しなければいけません。
車を運転するにも、一度は教習所へ行きますでしょう?
同じことです。

このブログに来た皆さんは、MT4が使えることなど当たり前にように思っていますでしょう?
もちろん、私もその前提条件でしか話をしません。
でも、そうでない人はシストレを始めてみたいけどMT4は取っ付きにくい。
そして、シストレ開発者のワタクシは、今更いちいちMT4の使い方など説明したりする気は起きないわけです。

もちろん、セミナー形式で5人だけ募集して、一人あたり3万円以上の参加費を払っていただければ手取り足取り、MT4の細かいところまで教えることが出来るかもしれません。でも、その後どうするかの判断は個人任せですね。

つまり、面倒くさいんです。そこまでサポートするのは。

そういえば、ワタクシは肝心要のVPSについて一度も書いたことがありませんでしたね。

シストレを始めるには、場合によってはVPSも必要になってきます。
※場合によってはと書いたのは、UPS(無停電電源装置) + 自宅PCでやる方もいるから。
では、VPSをどうすればいいのかですね。世の中にはたくさんVPSの会社があります。
その中で無難といえば、
例えばVPSの代表格でサポートも万全じゃなきゃ嫌な人には、超大手お名前ドットコムのこちら。↓




こちらから申しこめば、MT4の使い方マニュアルが無料でついてきます。
ということは、誰かが初心者に色々説明するというムダが省けるということでしょうか。
システムトレードもそうですが、世の中、合理化の時代ですね。
しかも、超大手だけに一番トラブルリスクが低いと思われる。いや、某システム屋が無難に感じているだけですが。
※解約時に注意が必要。事前に解約予告が必要なのですが・・・・。それ以外は大手だけにとても良いものです。



LINUXで環境が構築できる玄人なら、さくらのVPSで、もっと安くVPSを用意できます。



WINEというソフトをLINUXにインストールすれば、MT4をLINUXで動かすことも出来ますから。
ただ、私が試してみたところ、時々再起動した方がいいようですね。
おすすめはUbuntu14(Ubuntu15はお勧めしない)にXRDPの最新版をいれてリモート環境を構築。そこにWINEとMT4をインストールすればイイ。インターフェースは何でもいいですがLXDEはWINDOWSに馴染んだ人にはいいかもしれません。
XRDPは開発中のやつ(X11RDP)を引っ張ってきたのでコンパイルに相当時間がかかりましたね。
正直なところ、玄人向けです。


でも、初心者にとって一番楽なのはインヴァスト証券のシストレ24に口座を開設すること。
他にもシストレ口座が開ける証券会社さんはありますが、
シストレ24だけ、ゴゴジャン(fx-on)さん経由で販売しているBeatriceシリーズをストラテジーとして選択できます。
Beatriceシリーズは、元々が証券会社用に開発されたEAだったわけです。



MT4の知識がなくてもBeatrice-07Beatrice-ADX01が使えるようになります※。
※ただし、スプレッドが広いです。

EAを購入すれば34,800円※しますが、シストレ24に口座を開設すればBeatriceを0円で使えてキャッシュバックもあるわけですね。
※ワタクシは割引だいっきらいな人です(`・ω・´)ゞ
スポンサーサイト
[ 2015/08/20 22:38 ] システム | TB(-) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
 
システムトレードランキング


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。