東京システムトレーダーの開発日記

MT4のEA開発者のブログ

国内口座と海外口座のレバレッジ差の影響

特にシステムトレード初心者の方だと、というか初めて結構経過している人たちの一部も含めて、イロイロ勉強不足の方が多いようです。

日本は金融庁の指導で、個人口座のレバレッジが小さくなるよう制限されています。
これは、あまりにも勉強不足でデタラメなトレードをした挙句マージンコール → ロスカット・・・・・という方が多すぎたからのような気が致しますが。要は、簡単に儲かると勘違いして始めた「ドヘタクソトレードを行う素人」が多すぎて、挙句社会問題を起こしたから・・・・。でしょうか。さて、素人がプロのトレーダーにマーケットで勝てるわけないですよね?・・・・・。

一方、法人口座に関しては、日本国内でもハイレバレッジが提供されていますが、これは法人口座を開くようなやつはプロだろうからということなのでしょう。

FX業者にしてみれば、ハイレバ大ロットでバンバントレードをしてくれた方が儲かるでしょうし(呑みでなくても)、金融庁の規制以前は国内でもそういう風潮が多かったでしょう。今は、海外法人がハイレバレッジを餌に、日本人に口座を開かせようと思っているかもしれません。
なにせ、彼らにしてみたら、あなたのお金がどうなろうと知ったことではないわけですから。
もちろん、何かの経済事件で顧客の資金が無くなれば、会社をたたまなければならなくなるFX会社もあるでしょうけど。

海外口座というものは玄人なら、バンバン使ったほうが(※オフショな都合をお察しください)良いものの、始めたばかりの人は辞めておいたほうが良いものです。何かあっても、誰も責任を取ってくれません。というか、(表向き)日本国内にいる人には責任がないし法的保護もへったくれもないので訴訟などは事実上できないと思ってください。完全自己責任ですから、正直プロ以外はやめた方が良いですね。


さて、Beatriceは元々は市場で一般販売する予定がなかったプログラム(ソフト販売で利益を上げる前提ではなかった)です。
一部の限られた人間や証券会社だけで運用される前提を念頭に開発された、実験用のソフトウエア(EA)でした。
そのため、手厚い資金保護機能が実装され、トレードをするべきではない条件下ではポジションを開かないよう設計されています。
具体的には、証拠金率がある数値を下回ると、資金不足と判断し、Beatriceは警告を発します。
ある数値というのは、プロの間ではこれくらい欲しいと言われているところに設定してあります。

タイトルに「レバレッジ差の影響」と書いたのは、国内口座では証拠金率を維持するために、海外口座より多くの資金を必要とするからです。
こう書くと、資金効率がとか言う人が出てきそうですが、そもそも十分な資金を準備できない人は、初めから投資をしてはいけないと思います。
私は、日本全国からカネが集まる街である東京の港区に住んでだいぶ経っていますが
今まで見てきて、
「経験上、カネのない人が投資を始めたら身の破滅」
ということがよく分かっています。

世の中には、投資商品がたくさんあります。
不動産もそうですし、ファンドもそうです。
しかし、これらの商品の性能を十分に活かすのには、十分な資金が必要です。
不動産にしても、すぐに多額の資金を用意できる人が、一番条件のいい物件(数千万から数億円)※をかっさらっていきますし、ファンド(普通は500万円以上・最低でも小口で一口100万円以上)にしたって小口未満の投資金額では有利なトレードが出来ずに運用側を困惑させるだけでしょう。
仮に、元が良い商品であったとしても、最低運用金額も用意できないなら、いずれ損失を出してしまう方に私は賭けますね。
いずれも廻しようがないわけですから。
※当たり前ですけど、条件が破格の物件は、たったの数時間でも売れてしまうため。

十分な元金を実力で稼げない人は、投資で金を増やす資格なんてないわけです。
スポンサーサイト
[ 2016/09/20 21:02 ] MT4 EA | TB(-) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する