東京システムトレーダーの開発日記

MT4のEA開発者のブログ

MQL4プログラミング入門(番外編1)

◇プログラムを書く時に、頭の隅に置いていなければならないこと◇

1.安定性の問題
ウィンドウズでもLINUXでもOSは何でもいいのですが、エラーが起こった時に実行するエラー処理(プログラム上の後始末)は書かなければなりません。
MT4でも同じで、オーダーが通らなかったり、何か予期せぬエラーがあるときはエラーコードをMT4側からEAに返してきます。
適切にエラー処理をするコードを書きましょう。

2.実行中にバグった時
EAがバグっているときは、MT4側の方が真っ先にとんでいます。
実行環境に問題がある場合は、EA側ではどうしようもないので実行環境を正常化するしかないです。
EAが異常終了する場合は、実行環境(WindowsかMT4)が部分的に故障している可能性が高い。
故障している可能性があるなら、修正しなければ致命的な事故につながる場合がある。
朝起きたらバグってロスカットになっていましたなどというのは、シャレになりません( ;∀;)

3.安定動作が確認できていない技術は積極導入しない。
新テクノロジーが発明されたのであれば、それを使うことは悪ではない。
時々、新テクノロジーへのアンチテーゼをテーマにしている文学。もしくは漫画などの作品を見かけるが、彼ら(作者)は、「なぜ新しい技術ばかりがダメなのか」を本当にわかっているわけではないという感想を私は持っている。

新しいテクノロジーがダメなのではなくて、新しいテクノロジーは、登場初期は欠陥やバグが潰されていない場合が多いので、(人命などの)重大事故につながる危険のある分野での積極利用がリスクにつながる恐れが大きいというだけなのである。
Windowsもアップデートでバグを潰しているが、とにかく始めの頃はたくさんアップデートさせられる。
十分不具合が潰れたことを確認してから、新テクノロジーは適応すべし。

Beatrice-07も大幅アップデートしたばかりだが、正直気が進まなかったのは、正常に動作していることが確認できている(システムがわかる第3者的にも)もののコードをいじることで、不安定化する危険があったからである。
コンピューターの素人は、このあたりがわかっていないよう見受けられる。

スポンサーサイト
[ 2016/12/10 19:58 ] 未分類 | TB(-) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
 
システムトレードランキング