東京システムトレーダーの開発日記

MT4のEA開発者のブログ

投資で損をさせる人間の本能(損をさせる本能)

投資・投機トレードでは、何故知的で優秀な人間でも損をしてしまうのか。負けてしまうのか。
それが、社会的な成功者であったとしても。
巷でよく聞く説明の一つがプロスペクト理論。
この理論を始め、どれほど人間の判断に信頼性がないのかを物語る話は枚挙にいとまがなかったりする。
 
話変わって、現代的な大型建築物には様々な近代的工法・技術や前世紀にはなかったような工夫がなされているものが多い。
かつて、下水管や水道管といった配管類や地下配線は地中に埋めておくのが一般的であった。
ところがこれでは、万一のビル・設備メンテナンスの時に掘り起こさなくてはいけない。
この手間をなくすために、現代的な大型施設やビルでは地下にコンクリートで固めた「メンテナンス用地下空洞」を設けるのが標準的となっている。
優秀な人間なら、私が言うまでもなく気がついているのでスルーすればいいのですが、多くの人間はこの現代的な施工がわかるわけもなければ話の矛盾を見抜くだけの脳力・知能、知識がないので
T京湾のとある「おさかな市場」問題が票欲しさに勧善懲悪を演じたい某政治家がでっち上げたものだと言うことにすら気がつくことがない。その数はT京人口の7割を超えた。
それをいい様にやられているJ民党もJ民党だと思うが、大衆=愚民といえばその通りなのだろう。
結局、騙された方が騙す側の利益のために良いように利用される。
  
20世紀、ドイツの独裁者は問題がないところに煙を立て勧善懲悪を演じることでドイツ人を騙し、一党独裁政権を築き上げた。
後の人は、何故真面目であると評判のドイツ人が、あんなにおぞましい事をしでかした人間を信じたのだろうと評価した。
何故ドイツ人が騙されたのか、当時のドイツは経済がガタガタのデフレだったので人々の不満(ルサンチマン)を煽る「大衆のルサンチマンを利用した政治誘導」がやりやすかったからだと聞く。同時に彼は「恐怖に訴える論証」も併用した。
別名・ナチスのプロパカンダとも言う。
 
簡単に騙されたり、間違った事を信じたり、科学的に考えれば違うだろうことがわかると思うはずなのだが、人類は過去の経緯・データーから学ぶことができず同じエラーを繰り返す。
だからあの時、選挙後は、私はこれが人間の能力・判断力の限界なのだと感じるに至った。
  
普段暮らしている世界においてもこう↑であるのに、
普通に考えれば、投資を含めた慣れてもいない世界では、自分を信じちゃダメだって気がつくのではないかとも思う。
でも気がつかずに、独自トレードで損をしてしまう人が後を絶たなかったりする。
ほんと、自分信じちゃダメ。
スポンサーサイト
[ 2017/03/31 18:17 ] 未分類 | TB(-) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
 
システムトレードランキング