東京システムトレーダーの開発日記

MT4のEA開発者のブログ

EA開発者的な呑み業者の見分け方

 どうも投資家(主に経験の少ないFXトレーダー)を引っ掛けて、投資金を呑んでしまおう的な流れの方がうるさく突っかかってくるので、報復的な意味合いで呑み業者を見分ける方法があるのかについて書いていこうかと思う。
 突っかかってくる度、もしくは何かしらの利害がある時に、憂さ晴らしで相手の都合の悪いことをばらしてしまうというのは実に気分爽快だ。
某ドラマの影響か「やられたらやり返す!倍返しだ!」のセリフが流行っていた時期もあった。
宗教的にはどうか知らないが、ゲーム理論的には最良の戦術らしい。
そして私は、報復すること大して何の躊躇も、叩き潰すことに対して何らかの抵抗感情をも持つことすらなかったりする。
 
日本のFXトレーダーは、まだ学習が足りていない。
というか、途中で退場してしまうので全体での経験が蓄積されていないのかもしれない。
金融庁の規制以前、日本に拠点を置くFX会社が顧客の資金を市場に流さず呑んでしまっているという。。。。
顧客の損失=FX呑み業者の利益
の公式が成り立つことは、まことしやかに語られていた。
わざと(意図的に)レートをズラして多くの顧客のストップに引っ掛ければ・・・・もしくはリーマンショックのような経済事件が起こる度に、、、つまり顧客が被害を被る度に彼らの業績は上がっていった。
ちなみに彼らは、日本で金融庁などに届け出を行い金融会社として合法的に運営をしていた。
 
金融庁の規制以後は、金融庁に登録をしなければ日本国内での営業はできなくなった。
レバレッジも制限された。
監視の目も厳しくなったので、以前のようにあからさまな(トレーダー側にとっての)妨害行為はなくなったと思われていた。
しかし、だからといって別に呑み行為を法律で禁止したわけでも何でもなかったりする。
今でも、FX会社が提示するレートで取引をするということを許可しているということは、つまりそういうことである。
 
これはMT4を採用した会社のシステムであっても同じことである。
あの会社はNDDを謳っている!MT4は人間が入らないシステムだ!NDDでそんなこと出来るはずがない!
多くの人が勘違いしていることの一つが「MT4だからNDDで安心だ」とかいうあたりじゃないかと思う。
メタクオーツは、あくまでトレーディングのための標準的なプラットフォーム・枠を用意しただけで、裏側でどこのシステムにブリッジをつなぐとか、こうしなければならない設定だとかの制限がついているわけではない。
ぶっちゃけMT4でも注文を流さない呑み設定をすることは出来る。
レートだけ拾ってきてレートだけ配信すればいい。
このあたり、残念ながら金融庁が目の敵にする様な海外拠点の業者のほうがまだ投資家に正直で、余程良心的だと思う今日此頃である。
 
何を根拠に、こんなことを言っているのか・・・・。
 
あまり興味がなかったので、本当に情報なんたらとか放ったらかしにしていたのだが
スプレッドが狭いと大評判の某証券会社”O”のMT4-BASIC口座のことである。
・一時期有名になった某EAで儲けすぎた人がプロ口座に強制移行させられた。
・EAでの売買が無効化された。
去年のことで今更説明もいらない気がしますが、だいたいこんな感じである。
 
そもそもBASIC口座とは、FX会社とトレーダーがWINーWINの関係であったのかということだろう。
分かっている方が多いアタリマエのことを恥とか関係なしに今更当たり前に書いてしまうと
「呑み口座だからLOSEーWIN(FX会社ートレーダー)になり、FX会社がおかしな処置をする結果となったのだろう。」
ということが分かってる方多いと思います。
MT4でもこういうこと(ノミノミ)は出来てしまう。
レート操作も出来なくはないので、規制が入らなくってもこれは日本のFX業界の体質だとしか言い様がない気がする。後ろからMT4のシステムに流すデータをつまんで弄くればいい。
 
そして、某社のようにEAの売買を無効化出来るってことは、A氏の儲けすぎEA以外であっても、他の儲けすぎEAの動きの妨害も出来てしまうってことではないでしょうか。
EAのポジション構築には、裁量の時と違った情報がデータにつけられているから判別方法はあるわけで。
 
なにより海外業者と違って、なぜ日本の業者はゼロコンマ以下のスプレッドを提供できるのか。。。。
言い換えると、なぜ日本の業者はインターバンクから提示されるスプレッドより極端に狭いスプレッドを提供しているのか、である。
マリーによる手数料節約も多いのかもしれないが、特にゼロコンマ前半のスプレッドでは無理な話である。真面目に市場へ流すどころか、マリーを使ってさえトレーダーがトレードする度に大赤字になるはずである。つまり、はっきり書かないがそういうことである。
極端にスプレッドが狭いFX会社(自称NDD”フェイクNDD”のMT4含む)は、顧客が損してくれないと会社が潰れる。
なら証拠のあるなしに関係なく、本当に使って大丈夫なのかを考えるべきではないだろうか。
 
冷静にキチンと考えればわかりそうなそれでも、スプレッドだけで選ぶ人※が多いのだが、彼らにしてみればいいカモかもしれない。
自分が開設した口座が、味方のふりをした真の敵であっては勝てるシステムを入れても勝てなくなるのは当然ではないだろうか。。。
 
・・・・いかにも味方のふりをして、自分らからカモろうとする連中側の思うがままに動かされてしまう。
日本のFXトレーダーは、本当に学習していないのである。
 
 
※大衆は常に間違っている。これには当然T市場の捏造汚染問題なども含む。大衆が主張することの逆が真実、大衆が信じているものこそを信じてはいけないというのは、民主主義の大欠陥であり悲しいくらいに必ず当たる。
スポンサーサイト
[ 2017/04/05 02:54 ] 未分類 | TB(-) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する