東京システムトレーダーの開発日記

MT4のEA開発者のブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

最近の成績の言い訳

最近は、定期的にEAの成績をチェックしていますが久しぶりに来た不安定相場ということで、DDを食いまくっているような印象を受けます。
でも、私的には放置し続けるつもりでいるわけですが。
 
そろそろ寿命かなとも思ったのですが
ゴゴジャンのフォワードテストの成績も悪化しているものの、冷静に考えたらロットを3倍に設定し直したわけなので、損失も大きく表示される。
実態は例年通りの成績のままだ。
どのみち、4月下旬から5月にかけての成績は悪くなりやすい傾向があるのだから仕方がないのだろうし、この相場環境でも成績を残せるシステムも存在するのだから、Beatriceも本来は改良でもするべきなのだろう。
開発終了品扱いなので、やるとしたら新型への適応になりますが。
当たり前なのですが、さらに高性能で最近の相場に適応させた新型を出せないわけではない。
私に言わせれば、ただやっていないだけあのである。
しかし、2015年の8、9、10月を思い出させる。。。。
 
過去にも、このパターンの相場は存在したが、最終的にはBeatriceが生き残っている。
正直なところ、旧型でもこのシンプルなシステムが発するシグナルに逆らうと辛いことにしかならないからだ。
流れが正しいものであれば、世界規模のお金が流れる大きな流れに逆らうのは超大手の銀行でさえハイリスクな自殺行為でしかないのである。
というか、多分やっているうちにDeadかもしれない
 
最近は全体的に見ていると、販売されているEAも安定成績ものが増えて来ているよう思う。
以前のシステムは、本当にひどいものが多かった。
要は、正しいプロセスに従ったアルゴリズム開発をしていなかったのである。
間違ったシステムの評価方法を吹聴するようなサイトも多く見られた。
正しい組み方・評価の仕方は、パンローリングあたりから出版されている本に書いてあったというのに・・・・・・
私は、昔からそこに書いてあるようなことと同じようなことしか主張していない。
 
さて最近の相場を見ていると、混乱に近いものが見えてくる。
リーマンショック前後みたいに、変質でもしたのかとも思える。
 
ユーロにしても、何がどちらに転ぶのか先は見えない。
イギリスがEUを離脱した背景には、移民問題がある。
EUに加盟していると、EU域内の人の移動に制限がかけられないどころか、難民も無制限に受け入れなければならない。
イギリスに大量の難民が流入した結果、ロンドンの治安は超悪化。
病院にも大量の移民・難民が並び、数時間待ちの長蛇の列ができた。
しかも難民は就職せず保護を受けて働かない。
大量の人口流入に、国が対応できず消化不良を起こした。
働かないで国庫を食いつぶし、警察機関も人口激増に対応できない。
以前は数十分だった、ただの風邪(ただし辛い)で4時間以上とか待合室で待たされたら・・・・
これがブリグジットの真相の一部・裏側で、イギリス人の間でEU論争が起こるのは当然だっただろう。
トランプさんの時もそうだったが、マスメディアは決してちゃんとした情報は流さない。
視聴率のためには、いい加減な情報でも流してしまうことがある。
フランス大統領選が終わったら、一体次は何が起こるのかとヒヤヒヤする。
例え、こういう状況でも稼いでいる人は稼いでいる。
その証拠に、利益を出せているシステムがあるじゃないですか(笑
 
人間というのは、どうしても恐怖というものを感じて目の前のリスクを回避するような動きをしてしまう。
いきなり自分に車が突っ込んで来たら・・・・・避けようとするでしょう。
本能なのだから仕方がないのかもしれないが、この「避けてしまう生き残るための本能」が相場では悪い方向に作用する。要は、まんまとフェイントにひっかけられてしまうのである。
 
相場では、負けてもロジックのみに従い勝つまで続けるしか利益を出す方法がなくて。
だから私は、しばらく半年とか「気絶投資法」の実践に戻ろうと思う。
誰かが作った、どのようなシステムでも、必ず一時的に不調な時期は存在する。
何より、一時的な不調期に自分の口座(ただし証拠金率がギリギリでないこと)を見てメンタルに悪影響を与えて、普段の生活に影響が出ることこそダメである。
ましてやステーションでプオーンな何かに飛び込むなど馬鹿馬鹿しい。
そういえば、今日プオーンが止まっていたらしいが。
しかし生き続ければ、全てのあらゆる可能性もまだ失われていないわけですから。
「諦めたらそこで試合終了ですよ」
言い訳せず、逃げず続ければ必ず何かしらの成果は上がってくるものなのだから。
 
こういう時に1番優れた投資法は「気絶投資法」しかないと、私は信じて疑わない。


スポンサーサイト
[ 2017/05/17 13:39 ] 未分類 | TB(-) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
 
システムトレードランキング


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。