東京システムトレーダーの開発日記

MT4のEA開発者のブログ

MT4サーバの裏っかわ

MT4は、御存知の通りメタクオーツ社が開発してFX会社に提供をしている。
ここは、アイコンや設定はかわるもののどれも標準のモノが入っているのだと思う。
 
FX業者間で違うのは、セッティング、アイコン、そしてカバー先である。
レートが業者ごとに違うのは、カバー先が異なるから。
 
そして、MT4はカバー先などが提供する接続システムを使ってレートを拾ったり、注文を出したりする。
※因みに、あくどい話をするならMT4でも呑み設定はできてしまう。。。。
おそらく、ほとんどのユーザーからは見えていないし説明しても分かる人がどれくらい居るのかわからないが、、、、、
MT4<=>カバー先で、標準的なブリッジを標準的な設定で使えば、EAの動作がおかしくなることは少ないのだと思う。悪魔のプラグインでもこっそり使っていなけれ、、、ですが。
 
じゃあ、ちょっと裏側を特殊なつなぎ方をしているMT4だとどうなるのか。。。。
ブリッジのプログラムに問題がないのであれば、ポジション決済も問題を起こさないし反対売買も不具合が出ることはまず無い。
 
じゃあ、何かしら問題のあるつなぎ方なりツナギ部分のプログラムに問題があれば。。。。。
こういうことを書くと、こっちが悪者ということで圧力でも掛けよう輩が出てきそうなものだが、MT4サーバ側に特殊な問題があるケースは、EA側で相手の不具合を完全にカバー出来る保証はできないとしか言いようがない。。。
 
正直なところ、相手の罪を冤罪でこちらになすりつけられるのは気分があまり良くないものである。
少しでも良心があるのであれば、改善するなりしてほしいものだと思う。
スポンサーサイト
[ 2017/05/19 02:11 ] 未分類 | TB(-) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する