東京システムトレーダーの開発日記

MT4のEA開発者のブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

EAが不調な時、どう見るべきか

EAを使用していると、必ず成績の下がるタイミングが存在する。
この時、どうしてそうなるのかという事を考えなければならない。
 
多くの人は、この時大きな過ちを犯す。
人間の本能は、目先のダメージを減らそうと必ず動く。
太古の昔から、動物に組み込まれた本能だ。
ところが理詰めの世界では、この本能の働きが原因で人生の道を踏み外すことが少なくない。
人間の、このリスク回避本能を利用して、相手をうまく騙してはめ込もうとする輩がいるからだ。
はめ込みというのは、例えば株式などでよく見られる、あのはめ込みのことだ。
世の中に必ず一定の確率で存在するサイコパス気質が強い人間は、特にこういうことをするのに良心の呵責を感じたり反省することがない。
 
まず、いくつかの可能性をあげて、原因を切り分けなければならない。
1)たまたま一時的に相場環境が悪い(EAの苦手な環境)
2)相場のロジックが今の相場環境に適していない。
とりあえず2つ考えよう。
 
最近のEAの動作分析によれば、過去何度もあった不調相場による損失が目立っていると思われる。
ただ、どちら(1番2番)にせよ長い間バージョンアップをしていなかったシステムに調整が必要であることは否定できないだろう。
 
 
さて、話はずれるが
「人間に賞罰システムは有効か?」
について、最近考えるようになった。
例えば会社であれば、従業員に賞罰を与えることで業務の生産性や成果を上げようとすることは、今更説明のいらないことだろう。
きちんと仕事をしなければ罰を与えるということだ。
そして、成果を出せばインセンティブを与えると口先では触れて廻る。
初めはこれで生産性を上げることに成功する。
ところが、人間は慣れてしまう。
賞罰を与えられることに慣れてしまう。
これの意味することは、賞罰を与えようと従業員の生産性は元に戻ってしまうということだ。
そして、与えられ続ける賞罰に従業員の嫌気がさしてきた時、転職を考え始め、転職した従業員は転職先でも同じことを繰り返してしまう。(客観的に職場環境が本当に悪い場合の転職・退職は除く)
 
生産性の高い仕事は、仕事をする人自身のモチベーションによってのみ支えられるということだ。
ネガティブなことしか考えないし、言わない人は何事も成し遂げられないだろう。
不満を言うだけ言って、自分が犠牲を払って問題を解決しようとはしないので、何も変わらないのだ。
不満も何も、初めから世の中クソみたいなものなのだから、
この場合、文句を言わずやり続けられて人だけが、成功者になれる。
スポンサーサイト
[ 2017/06/03 20:55 ] 未分類 | TB(-) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
 
システムトレードランキング


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。