FC2ブログ

東京システムトレーダーの開発日記

MetaTraderのEA開発者ブログ

新型Beatriceリリース

旧型Beatriceシリーズ(07・ADX01)では、昨今の相場に対応しきれないので、新型Beatrice RISE1をリリースしました。
昨今の相場に対応しきれないと言いましても、大損失を出しているわけではありません。
不調でも大損失が出ない理由は、気が向いたらそのうち説明します。
  
本EAに関しましては、有料版44,800円のほか
EZインベスト証券さまの口座を開設するという条件で、無料で配布させていただいております。
 
EZインベスト証券さま口座開設キャンペーンページの写真は、恐らく六本木ヒルズ横の「けやき坂」かなあと思いますが、東京タワーの位置はおかしいですね(笑)
 
 
主なアップデートとしましては、
・2017年以降の相場に合わせて作り直した
・ポジション数を変更した
・ソフトウエアの性別がわかりやすくなった
 
ことが挙げられます。
こと、3番目の問題は前作から非常に頭の痛い問題でした。
今回は、自律的アルゴリズムとエネルギー効率に従い形成した・・・以下略)
 
つまりPCマウスをプルプルさせながら自力でデザインした次第です。はい。
 
性能に関しては、次の記事を参考にするのがいいかと思います。
 
 
 
急に気が向いたので、Beatriceが不調でも意外と大損失が出ない理由を説明します。
Beatriceは元々、勝率が五分五分となるアルゴリズムを採用している。
その本質的な機能は、本物のマイクロなニューラルネットワーク搭載により実現されいる。
ニューラルネットワークは、より有利な位置でポジションを構築することを第一とし、最終的な勝利のためには一時的な負けを許容することが理想的なトレードであることを割り出し、今もその(人工神経回路が自力で導き出した)思想に基づいてトレードを行なっている。
 
もちろん、スキャルピングが理想だと判断したのであれば、スキャルピング的な動きを見せたかもしれないが、実際はそうではなかった。
どうやら収益を優先するには、採用できなかったようだ。
 
この、機械的に導き出された五分五分の勝率がミソで
最新型を紹介している次の記事にある通り、「勝ちVS負け」で得られる利益・損失の割合が1.5VS1となった場合、勝率が低くとも利益が残っていくこととなる。
 
基本はトレンドフォロー型のスイングトレードなので、アルゴリズムの優位性がありトレンドの読みさえ正しければ、理想的な損小利大のトレードが可能となる。
 
優位性が失われたとしても、単に「勝ちVS負け」で得られる利益・損失の割合が1VS1に近くなるというだけなので、結果として損失が拡大しにくいと言える。
 
このようなシステムが世に出た背景としては、元々は大金運用目的で作られたシステムなので、不調に陥った時に大損失を出すことだけは避ける必要があったわけだ。
ゆえに、私が手がけたシステムはほとんどがこの思想に基づいており、結果的には不調でも全てのBeatrice後発系システムでは、プラス利益で終わることが出来ている。
 
きちんと設計されたシステムであれば、大損失は出さないのである。
 
   
ところが、人間の脳はプロスペクト理論をはじめとする心理的なトリックにハマりやすく、いくら完璧なシステムを与えてさえ、損失を出せてしまうという不思議な傾向がある。
もしくは、完璧なシステムを与えてさえ、そのシステムでは利益が出ないという主張を行い、自己の管理不行き届きからくる責任を回避しようとする。
  
勝てば15万円をもらうことができ
負ければ10万円を失うゲームがあったとしよう。
勝率は50%付近としよう。
ちなみに、ゲームに参加しなければ1万円、もしくはノーマネーだ。
合理的に考えれば、これほど楽勝なゲームはないことがわかる。
参加すれば、1回のゲームごとに平均2.5万円もらえることがわかる。
 
ところが人間の脳は、合理的に判断するかのように思えて、リスク回避的な行動を起こし、不合理な1万円をもらう、もしくはノーマネー選択をしてしまう。
10万円損することが嫌だからだ。
例え、合理的計算に基づく判断での期待値がプラスでも、
多くの人間は、心理学の落とし穴により、まさにコンピューターのような合理的判断が難しいことがわかる。
 
もしくは参加して、損失を出すようであれば参加するべきゲームではなかった(という合理的な判断をすることが出来なかった)ということだ。
初めから胴元などが有利になるように出来ているような。
 
 
さて、あれだけ世界的な事件が起こった2017年は、
あちこちでトレードがうまくいかなかったり
相場が動かなかったり、
トレーダーに限らず赤字損失を出したり散々だったところが多かったのではないかと思う。
2018年こそは、プラスになるよう頑張りましょう。
スポンサーサイト
[ 2018/02/24 02:17 ] 未分類 | TB(-) | CM(0)

レバレッジ規制10倍の感想

なんでも今度レバレッジの規制が強化されて10倍にまで落ちるらしい。
 
 
ここまで落ちると、
FX業界全体の市場がなくなってしまうのではないかと思う。
FX業界全体とは、店頭からクリック365までの全てのFXのことを指す。
 
電脳街と呼ばれる秋葉原が、なぜ全国的に有名か。
競合店舗が大量に一箇所に密集しているからである。
このことが、そこに行けば安くなんでも揃うイメージを植え付け、
広告を出さなくとも商品を求める人の足が向かうようになった。
  
正直レバレッジ規制は、この逆をやっているようなもので
大手から中小、関係者であれば誰もが問題になるのではないかと思う。
地方のシャッター商店街のようなもので、
地域が閑散とするようなこと(大手デパート進出反対とか)をやらかして、やらかした張本人が(人口激減のあおりを受け)シャッターを閉める羽目にまで追い込まれる。
東京の商店街は、すぐそこに超大型デパートが乱立しているのに生き生きとしている。
人が多いのだから、安売り量販店の商品ではなく、何割かは専門店で買いたい客が流れるのだ。

[ 2018/02/21 11:18 ] 未分類 | TB(-) | CM(0)

猫も杓子も仮想通貨

何でも聞くところによると、仮想通貨が大暴落をしたらしい。

昔2万円だったビットコインが、短期間で200万円を付けたあとのことだと言う。

短期間で暴騰したのだから、何かのショックでの調整も、当然そうなるのだろう。

ビットコインのレバレッジは、せいぜい2倍までにすことをオススメする。
かつてのポンド円より動きが荒い。
FX業界に古くからいる私にしてみれば、実に投機的な動きである。

ただ、どちらかと言えば、かつては素人流入によるバブル的な動きだったが、
つい先程チャートを見た限りでは、恐らくプロの投機筋が入っているのでは無いかと思われるフシが散見される。


仮想通貨投資は
1.買っておいて値上がりを待つ
2.トレードで売買を繰り返す
3.マイニングする

の3つが主流だろう。

1番は将来性があればの話だが、未来は分からない。
失敗した共通通貨ユーロに対して、仮想通貨は世界で初めて成功した共通通貨となった。
しかし、実に実験的な試みであったと言える。
もし、仕掛けた側がいるのなら、十分その実験データは取れたはずだ。

2番は、まだ素人が多いことから、大暴落後の反発で買っておけば、とりあえず勝てることだろう。

3番は難しい。
大企業から中小企業
個人に至るまでマイニングをしたがる。

いくら世界中でマイニングがブームだからといって、グラフィックカードの購入枚数に制限をつけられるのは
どこかの大資本が、モノを抑えているからと考えるのが、私の中では一番自分を納得させられる仮説である。

ASICマイナーも入手困難な状況が続く。
このことに乗じて、お金だけ振り込ませる詐欺サイトが多いらしい。。。

私も、事業の可能性を考えてマイニングマシンの開発をしていた時期がある。
FPGAを使ってビットコインのマイニング実験をしていた事もある。

グラフィックカード使い、モナコインのマイニング実験をした事もある。

結論としては、私の技術ではOSをチューンしてハードウエアを拡張しても、一台あたり16枚のグラボ搭載が限界であることが分かった。

もっとも、多枚数搭載を実現する拡張技術は門外不出の企業秘密なのだが。。。
ちなみにマイニング専用マザボでも13枚が限度である。

グラフィックカードもオーバークロック気味にして、ほか色々いじらなくてはいけないが、それも出来る。
ちなみにWindowsをOSにするのは嫌いなので。。。以下略

もっといい技術があったら教えて欲しいところだ。

なお、今のところGPUタイプのマイニング装置の販売予定はない。
本当は?全然出来ちゃうのだけどね。
[ 2018/02/09 22:35 ] 未分類 | TB(-) | CM(0)

仮想通貨に思うこと

上がった下がったで一喜一憂している人が周りにも多い仮想通貨。
 
仮想通貨には、価値の裏づけの実態がない。
 
裏づけがないのだから、上がるときは幾らでも上がるし
下がる時も、どこまで下がってもおかしくない。
 
ペットボトルのミネラルウォーター1本が100円だとして
日本円の為替レートが、幾らだとして
なんとなく価値の説明をつけることが(多くは後付けで・・・)できる。
金本位制が、正しいかどうかはともかく、これも一応価値の裏づけに使える。
 
仮想通貨は、為替でも南アフリカランドとか、トルコリラみたいに変動が大きいと思わなければけない。
しかも、レバレッジ1倍で!
 
仮想通貨が、この後どうなるかの予想はしたくない。
ただ、価値の裏づけがないのだからどうなってもおかしくない。
 
仮想通貨の技術は、国が通貨発行に使えば、その国が価値裏づけとやらになるのだろう。
同時に、マネーロンダリングも根絶されるかもしれない。
逆に現金は、誰から誰に渡ったかの履歴が残らないので・・・・・
 
匿名性の高いZcashと行ったものでない限り、仮想通貨の取引は全世界の誰でも、他人のやり取りを見ることができてしまう。
盗めば、盗んだ履歴だ際の取引履歴と、盗んだ本人のアドレスが記録される。
 
しかも、通貨によっては、盗難防止用に(消せない)タグをつけることができる。
現金輸送車を襲って、現金の入ったトランクを奪ったら盗難防止用の装置が作動してマーキング用のインクがついてしまった。。。。というのと同じことが仮想通貨でもできる。
今どこぞの取引所から盗まれた仮想通貨が、「マーカー・インク」がついた状態だと誰かからか聞いたが、相変わらずニュースは見ないので・・・
 
犯人も、使った途端ばれるお金を盗んで
しかも、移動が全世界から注目を浴び、おそらく現金化はできないでいるだろう気分はどうなのだろう。
それでいうなら、ゴックス事件は実に不可解であった。


[ 2018/02/06 12:30 ] 未分類 | TB(-) | CM(0)