FC2ブログ

東京システムトレーダーの開発日記

MetaTraderのEA開発者ブログ

猫も杓子も仮想通貨

何でも聞くところによると、仮想通貨が大暴落をしたらしい。

昔2万円だったビットコインが、短期間で200万円を付けたあとのことだと言う。

短期間で暴騰したのだから、何かのショックでの調整も、当然そうなるのだろう。

ビットコインのレバレッジは、せいぜい2倍までにすことをオススメする。
かつてのポンド円より動きが荒い。
FX業界に古くからいる私にしてみれば、実に投機的な動きである。

ただ、どちらかと言えば、かつては素人流入によるバブル的な動きだったが、
つい先程チャートを見た限りでは、恐らくプロの投機筋が入っているのでは無いかと思われるフシが散見される。


仮想通貨投資は
1.買っておいて値上がりを待つ
2.トレードで売買を繰り返す
3.マイニングする

の3つが主流だろう。

1番は将来性があればの話だが、未来は分からない。
失敗した共通通貨ユーロに対して、仮想通貨は世界で初めて成功した共通通貨となった。
しかし、実に実験的な試みであったと言える。
もし、仕掛けた側がいるのなら、十分その実験データは取れたはずだ。

2番は、まだ素人が多いことから、大暴落後の反発で買っておけば、とりあえず勝てることだろう。

3番は難しい。
大企業から中小企業
個人に至るまでマイニングをしたがる。

いくら世界中でマイニングがブームだからといって、グラフィックカードの購入枚数に制限をつけられるのは
どこかの大資本が、モノを抑えているからと考えるのが、私の中では一番自分を納得させられる仮説である。

ASICマイナーも入手困難な状況が続く。
このことに乗じて、お金だけ振り込ませる詐欺サイトが多いらしい。。。

私も、事業の可能性を考えてマイニングマシンの開発をしていた時期がある。
FPGAを使ってビットコインのマイニング実験をしていた事もある。

グラフィックカード使い、モナコインのマイニング実験をした事もある。

結論としては、私の技術ではOSをチューンしてハードウエアを拡張しても、一台あたり16枚のグラボ搭載が限界であることが分かった。

もっとも、多枚数搭載を実現する拡張技術は門外不出の企業秘密なのだが。。。
ちなみにマイニング専用マザボでも13枚が限度である。

グラフィックカードもオーバークロック気味にして、ほか色々いじらなくてはいけないが、それも出来る。
ちなみにWindowsをOSにするのは嫌いなので。。。以下略

もっといい技術があったら教えて欲しいところだ。

なお、今のところGPUタイプのマイニング装置の販売予定はない。
本当は?全然出来ちゃうのだけどね。
スポンサーサイト
[ 2018/02/09 22:35 ] 未分類 | TB(-) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する