東京システムトレーダーの開発日記

MetaTraderのEA開発者ブログ

大衆は常に間違える(相場格言)

大昔から、相場ではよく言われている格言。
 

大衆は常に間違える。。。

 
 
大衆がよしとしている事は、
必ず失敗につながる。
 
実に世の中は不思議なものです。
FXは、8割が負け、1割がトントン、勝ち組が1割
 
最近ドローダウンがとか聞こえて来たのでアレだったのですが、当事者の方は気を落とさないでください。
これからまだ、巻き戻すチャンスはあります。
そして、ほとんどの場合、作っている側の開発者も、本当に悪かったと思っていることが多いです。
どことは言いませんですが。
ちなみに私は猫という生物が大好きです。
 
私、よほどの確証(85%以上)や被害を与えられない限り、誰かを悪くいうことはありません。
EAだって、他人が売れているのを妬むことをしません。
何故でしょう。
理由は簡単で、他人のEAが売れているのであればアフェ・・  以下略)
私には、プッシュした方が利益なので、例えばそういう理由で対立する意味がないのですね。
 
まあ、とにかく日の浅いアマチュアというのは、いつの時代も利益を刈り取られる側になってしまうものなのです。
  
勝率上限は70%程度まで、、という私の言葉を信じられた人だけがFXでは長く生き残れます。
私は長いですからね。
90%を超えてくると、将来のドカン型なのか、ずっと使えるものなのか、中々判別が難しくなって来てしまうのです。
 
なお、ここまで偉そうなことを書いていましたが、
大概は、このEAはもうダメだ!落ちる落ちるダメだダメだ!と適当に言っておけば8割は当てずっぽうでも当たります。
実はそうなんです!
 
でも勘違いしないで下さい。
その人の「言っていることが正しいから当たる」のではなくて、これは単に相場で勝ち続けることが難しいからです。
 
 
勝率が高いという事は、万一事故を起こした時に「どの程度の損失が発生するのかわからない」ということでもあります。
バックテストを含め、過去順調にいっていたからといって、これから先も同じようにうまくいくとは限らないものです。
適度に負ける手法・EAでプラス益で推移しているものであれば、どの程度までドローダウンが発生しそうか目星をつける事ができますよね?
無理な運用をしようという考えが起きないので、結果としては退場に追い込まれないで済むのです。
ドローダウンが深いのであれば、ロット数を減らすことで対応できます。 
リターンも減りますが、収益率が十分高ければ問題ないでしょう。
 
 
2017年は多くのプロトレーダーが言う通りに、相場が異常をきたしていたため、旧型Beatriceの成績が伸び悩みました。
その後はどうかと言いますと、07は損失は膨らまず※、ADX01に関しては2018年に突入した今現在、過去最高益を更新しました。
ADX01と07は得意な相場が異なるので、本来であれば両方半々にして動かすのが推奨でした。
※ストップロスの設定とポジション数に関係なく、不利な時はアルゴリズムの動作により横になるよう努力するような設計のため。
  
何か批判に対しては、お前の主張は全てが当てずっぽうで根拠がなく、外れているぞ、、、と言う目の前の事実を突きつけることこそが一番の反論になることでしょう。
要は、結果で示そうということです。
これが一番平等ではないでしょうか。
  
しかし、Beatriceは、もう5年以上も長く続いているEAなので、昨今の相場に適切ではなくなりつつありました。
昨年、2017年あたりは相場の異常に乗じて「当てずっぽうでも当たるだろう人」が、もしかしたら、どこか批判していたかもしれない想像をしています。
あちゃー!餌食になったかも!
  
さて、2018年は、旧Beatriceも以前の感じに戻ると思いますので、その主張がどうであったかは、この後証明されていくのではないかと思います。
私としては、新型のBeatrice RIS1を中心にケアして行きたいですね!
 
えっと、次にドローダウンについて。
プロ(自称上級者ですらなく、その道の本物のエキスパート)として顧客の資金を運用しているヘッジファンドは、だいたい30%のドローダウンは起こるだろう(当たり前)つもりでいるところも多いですから、一般的には20%に収まるようロット設定をするべきかもしれません。

2018年は、新型Beatrice RISEシリーズを筆頭に、また上位ランクインを果たすことが目標です!

スポンサーサイト
[ 2018/03/29 00:53 ] 未分類 | TB(-) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する