東京システムトレーダーの開発日記

MetaTraderのEA開発者ブログ

衝撃!!FXの自動売買EAは安くないと売れない!

いきなりですが、こんなタイトルをつけてみました(笑)

 
もちろんワザとですね。

相変わらず、あんまりモノを売りつける気のない私ですが、最新型Beatrice RISE1(お値段44,800円と、赤くないけど通常の3倍の速さ・・・じゃなくて通常の3倍の値段)はチョコチョコ出ています。
 
そういえば、知らない人はモグリと言われるほど著名な某EAシロクマさん(お値段5万円)の方も、チョコチョコ売れているようです。

さてさて、最近の主流は、安価で高勝率のEAだ!とお考えの方も多いのではないでしょうか。。。
 
今回は、高価な自動売買EAが売れることを解せない人向けの、マーケティングの講釈でもあります。
 

ここでいきなり問題です!

 
世の中の多くが、安価で実用レベルの製品を求めています!
だから、世の中の多くの人が求める安価で実用的なものがたくさん売れます!
自動車でいうなら、カローラや軽自動車でしょうか。
もちろん、たくさん売れるのだから、数が売れない高級車より儲かっているはずですよね??
 
Q.そのはずなのに、なぜ、多くの人が求めないような超高価なポルシェやベントレー、ベンツやBMWの方が、実際には圧倒的に業績が良いのでしょうか?
企業ですから、業績悪化もたまにはありますが、この手の企業は大概すぐに回復します・・・・
  
その答えは、誤解を恐れずストレートに書いてしまうと
客層の経済実力レベルが違いすぎるから・・・です。
 
安価な製品を求める顧客と「高価なブランド製品を(経済実力的に)買えるような自分に心酔する・本質的な信頼性を最も重視する」顧客は、初めから趣味嗜好、、、いえ、それ以上に経済力に差がありすぎる・・・という事です。
 
高くても安全であることが実証された製品と、耐久性などより何が何でもコストカットで安さだけを追求した製品・・・・
明らかに顧客の傾向が異なるでしょう。 
 
確かに、シェアを獲得して優位性を築こうという作戦に出るのであれば、安価な製品を大量に投入して顧客数を稼ごうというマーケティングも考えられなくはないでしょう。。。
 
 
しかし、ちょっと考えてみればわかる事かもしれませんが、基本的に安い製品を買う顧客は、ベンダー・セラーに多大な負担をかける場合が多かったりします。。。
・自分で調べたり考える癖が付いていない人が多いので、質問が多すぎる。
・考えなしに買える価格だと、考えなしに買う人が増える。(資金管理的にも・・・)
・論理的に期待値と収益率で考えることができず、挙句プロスペクト理論の心理的罠にはまる。

・・・私は、その人自身の手で、システムを選ぶ段階で、自らの心理的罠をトレードシステムに織り込んでしまうことについて注意を促しています。
心理的な罠にはまっている人は、自分で心理的罠が入り込んだシステムを選んでしまう。
 
何より利益率が低く、総じてクレーマーが多い。
まあ、多くはまともなのですが、クレーマー率が高かったり、何かしら製品・サービスの悪口を言いふらす癖のあるような人が多い。
この悪口というのが、ミソだったりします。
 
更にFX業界の製品は、、、
・基本的に水モノとしての性格が強い。
・考えなしに製品を購入するような顧客は、何かあると考えなしに離脱するのも早い。
・性能の良い製品を難なく供給することのできる競合が多い。
要は、囲いにくく、悪いことに”やろうと思えば顧客を誰かから奪えるような実力を持つ競合が多い”ということになる。 


とても疲れます。。。

 

値段を高くすると、どのような効果が現れるか。。。
マーケティング関連の世界では、必ずそうなると大昔から言われていることなのですが、
・まず、買う人が減ります(笑笑
・次に、悪口を言う癖のある人が買おうとしなくなります。。。
・全体的にレベルの高い客だけが残ります。
  
道路を多く走っているのは、安価で実用的な大衆車です。
道路のほとんどを占めています。
しかし、超高価な車も少し走っていますよね?
   
EAという自動売買システムにも、同じことが言えるのではないでしょうか。
1万円台の大衆価格EAが売れていく中、
4万円以上の高級EAも少なからず売れていきます。
 
高価なEAも流通して売れて、何故か高価なEAほど、あちこちで取り上げられ、却って人気が出たりします。
 
あなたは何故だと思いますか?
 
私は、所有するだけでステータスシンボルになるポルシェやベントレー、ベンツやBMWがチヤホヤされて人気が出る理由と、ある意味では似たようなものだと考えています。
 
ただ高いという事実だけで、「誰でも買えるわけではない存在・・・事実上、選ばれた少数の人しか買えない・買うことを許されない製品」になり、、差別化になり、何より優れた品質と実績の証になり、ステータスになり、軽自動車・大衆車より優れた存在としてチヤホヤされるのです。
 
安売りする必要のない存在なのです。
ダイヤが安くて誰でも買えるなら、ダイヤに何の価値がありますでしょうか?
 
もちろん、値段相応の実績と実力が備わっている上での話ですが。。。。。。
高いものなら、買うのに示せる実績・理由が必要になりますから。
どれほどの優れた製品なのかを見せて納得してもらわなければいけない。 
 
 
安売りでシェア獲得というものマーケティングですが、経済的に裕福な人向けの高級商品化戦略もマーケティングなのです。
 
追伸:命と家族の次に大事なお金を預けるというのに、事故っても安い方がいいと言う人は、無理に高いものを買わなくても、もちろん大丈夫です。事故っても、ご自分で選択されたこと。自己責任ですからね。
スポンサーサイト
[ 2018/04/06 02:46 ] 未分類 | TB(-) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する